時間のいたずら

小さな小さな村へと行った。
Vallfogona de Ripolles。

xavier01

xavier02

友人のXavierとAnnaと8年ぶりに再会するためだ。
Barcelonaに居を構える彼らは、子どもができてからこの小さな村に家を建てた。週末用、ホリデー用の家。
南米を一年に渡って旅した後、都会だけの生活に耐えられなくなり、田舎にも自分たちの空間をつくることにしたのだという。

本当に久しぶりに会うのに、こんなにも自然に接することができるのはなぜだろう。
彼らは僕を家族だと言う。ラテンなノリなのかもしれないが、照れることもなく、ストレートに言ってくる。
ここはお前のスペインの家なのだ、と。
そんな言葉を10年以上も続けられて、本当に兄弟のような気がしている。異国にいても、心の身近な大切な存在。

「時間というのは、あまりにも気まぐれだな。」
夜になってXavierがぼそっと言った。
「俺たちが、あの日、あの時間あそこに居なかったら。お前があの日、あの時あそこに来なかったら。我々の時間はまったく交わることがなかっただろうし、今この瞬間の時間も存在しなかったわけだ。」

そう言い切れるだけの根拠が我々にはあった。
時間は実に気まぐれで、出会いはあまりにも偶然の産物だと。

XavierとAnnaと出会ったのはここだった。

sahara

1997年のモロッコ、サハラ砂漠。
サハラ砂漠が一目見たくて、絨毯屋に引き回され、ボラれ騙され連れてかれた、サハラの中の何もない宿。
そこで我々は出会った。
すぐに意気投合し、翌朝の日の出を見ようと、砂丘をいっしょに登って歩いた。

もう一度あそこで会えと言われても、二度と会えない、そんな出会いだった。
それだからか、12年経った今も、我々の関係は当時と変わらず続いている。もちろん、お互い年をとって、彼らには二人のもっとも大事なモノができたわけだけれど。

xavier03

xavier04

xavier10

翌日、彼らに引きつられるまま、2人の宝物と一緒に5人で森にいった。
xavier08

xavier05

xavier07

それはあの灼熱の、暑くて熱くてラテンなスペインからは、なかなか想像できない、穏やかな森だった。

xavier11

xavier09

きっとそれは、サハラ砂漠でランプの精がかけてくれた、気の利いた時間のいたずらだったのかもしれない。

坂を抜けて

これぞ世界的な坂の町。
ポルトガル、リスボン。坂の上から赤い屋根が映えること。

lisboa10

lisboa11

lisboa12

狭い道を走り抜け、遙か道の彼方を目指そう。

lisboa13

lisboa14

lisboa15

lisboa16

丘に上がると、サン・ジョルゼ城の西側に夕陽が当たっていた。

lisboa17

lisboa18

ゆっくりと、もったいぶりながら陽は沈み、

lisboa19

そして最後の晩の月が昇った。

lisboa20

Now and Then

ユーラシア大陸最西端、ロカ岬へ向かった。

lisboa05

lisboa04

今日も風が吹き付けていた。
海の向こうにはもちろん、大陸なんて見えなかった。

lisboa06

lisboa07

人生二度目の最西端。

lisboa09

↑ あのときの僕は22歳だった。心細かったこと。
↓ そしてあれからちょうど12年がたった。Now and Then.

lisboa08

早かったか、あっという間だったか。
いや、たくさんのことがあり、密度が濃い時間をたくさん過ごせたと思う。
これから先もそんな高密度な時間を送りたいと願いつつ・・・

夜のセビーリャ

sevilla01
世界第三位の大きさのカテドラル。大聖堂。中にはコロンブスのお墓があった。

sevilla02

sevilla03

イスラム時代に造られた、宮殿アルカサル。
グラナダのアルハンブラとよく似ていた。
sevilla04

sevilla05

sevilla06

sevilla07
それにしても、アンダルシアはやはり暑かった。
みんながシエスタをとる、15:00くらいが一番暑い。
それでも夜になると涼しい風が吹くのだった。

sevilla08

sevilla09

sevilla10

スペインの夜は眠りを知らない。

白い街へ

とはいっても、アンダルシアの街は基本的にどこへいっても白い町並み。
崖の上に立つロンダ(Ronda)もそう。

spain28

spain29

spain31

彼は塗る壁に困らなそうだ。

spain30

spain27

帰りに寄った、Zaharaの街は見事だった。

spain33

spain32

古きバルセロナ

王の広場。
第一回の航海を終えたコロンブスが、女王に謁見した場所。

spain12

spain13

コロンブスがアメリカ大陸にたどり着いたのは、1492年だよなあ。500年前。凄いなあ。
続いてはカテドラル。

spain14

spain15

日曜日なのでミサが行われていた。

spain16

細い路地を抜け、セントマリア教会へ。

spain17

spain18

サグラダ・ファミリア

旅の時間と日常の時間の経過があまりにも違う。もう1ヶ月経ってしまう。忙しくて何もできん・・・
とりあえず、写真をアップしてみることとする。

お久しぶりのサグラダ・ファミリアへ。
4年前から上部へはエレベーターでしか上がれなくなったとのこと。

spain02

spain03

spain04

しょぼーんと悩むジイサマ。ガウディ??

spain05

spain08
内部へ

spain07

spain06

spain10

上からの眺め。

spain11

螺旋階段を降りる。

spain01

そして夜。