軍艦島上陸!

昨年から公式に軍艦島に上陸できることになった。
ぐんかんじま、と読む。正式には端島という名前で、昔三菱の炭鉱所があって賑わった場所だ。
その外観が軍艦「土佐」に似ていることから名付けられた。
↓似てるでしょ?

gunkan03

gunkan01

gunkan02

世界遺産の暫定リスト入りしたから、正式リストになったら混むだろうなあ。日本の場合、世界遺産なんてどこもならない方がいいな。混んで環境が悪くなるだけだから。

ここには廃墟がある。
ものすごい廃墟が。
海底炭鉱で賑わったこの島は、かつて5,300人もの人々が暮らしていた。東京ドームのたった1.3倍、周囲1.2km、端から端まで500mしかないこの島に、当時の日本としては初めての鉄筋コンクリートアパートが建ち並び、人口密度は東京の9倍、世界一だったという。
1974年には誰もいなくなり、それからの36年は無人島としての歴史を歩んでいる。

小中学校の跡。

gunkan04

幼稚園もあったし、プールもあったし、体育館も、商店も警察署も、とにかく何でもあったらしい。
しかし今は自然のなすがままの廃墟。
それでも破壊の速度が遅いのは、ここが洋上にあり、草木の猛威が少ないからではないだろうか。

gunkan05

gunkan07

gunkan08

gunkan09

この狭い島に、当時は71もの建物が建っていた。
そして、それは36年以上昔の話。ほんと驚きである。

gunkan10

gunkan11

長崎港から30分。
九州に行ったらぜひ。

長崎に行ってきた

北米から帰国後、中2日で長崎へ。
前から行ってみたかったんだ、長崎。丘の上に教会がある感じ、島がたくさんある地形、上陸できるようになった軍艦島、どこも行きたいとこばかり。

まず、最初に向かったのは平和記念公園だった。
階段を上がった噴水で、すでに鼻の奥がツーンとした。
「のどが乾いてたまりませんでした
水にはあぶらのようなものが一面に浮いていました
どうしても水が欲しくて
とうとうあぶらの浮いたまま飲みました」

nagasaki01

遠くにはおなじみの銅像が見えた。
僕らが現在立っている、この平和というもの。その土台となっているものは、こんなにもすごいものなんだ。
それはあまりに重い平和で、偶然の平和で、尊くも脆いものなのだろう。

今日もここに、あの人はいた。
不動のものとして天を指していた。

nagasaki02

nagasaki03

“右手は原爆を示し左は平和を顔は戦争犠牲者の冥福を祈る
是人種を超越した人間
時に仏 時に神”

nagasaki04

当時の情景を思い浮かべ、あまりに悲しく涙がでた。
あの日も、今日のように、いや今日よりもずっとずっとうだるような暑い暑い一日だったんだろうな。二度と終わることのない、熱い日だったんだろうな。

nagasaki05