生と死の3,300mダイブ

Day 11 @ Kaikoura Sky Dive

運転手をあわせて3名が乗った小さなプロペラ機は、たいした助走もせずに軽々と空に浮いた。
ぐるぐると旋回しながらひたすら高度だけを上げていく。目指すは3,300m。

sky01

人生初のスカイダイブ。日本では4万円、ここニュージーランドでは2万円なり。べつに安全なんだろうけど、やっぱりちょっとビビってしまう。つい最近、近所でスカイダイブの飛行機が落ちて、9人死んでるしなあ・・

ドキドキするわけではなかったけど、3,000mまで登る15分〜20分の間、久しぶりに生と死についてしみじみと考えたのだった。
“飛行機の運転手ってよっぽど度胸があるよな。こんな不安定な乗り物で、練習中に一歩間違ったらすぐあの世だな。バックカントリーなんかに比べてよっぽどリスクが高そうだな。でも交通事故で死ぬ人が一番人数としては多いな。果たして、このスカイダイビングで死ぬ人って確率的にどのくらいなのだろう。もちろんガイドが一緒に飛んで死ぬときはガイドも死んじゃうわけだから、彼らの命をかけても安全に違いない。でも実際に死ぬとしたらパラシュートが開かないわけで、その後の地上に衝突するまでの30秒間はいったい何を考えるのだろうか。スカイダイビングをやって生を実感した、って体験の言葉もわからなくもないけど、じゃあそれで体験できた生って今度は何をやらないと確認できないんだろうか。”
などなど、ぐるぐるといろんな事が脳裏を巡った。

ジオラマのように見えるカイコウラの美しい町並みと雪を被った山にクジラがいる海。なんだか景色が非現実的。
飛行機に乗り慣れているせいか、まるで旅行をしているようだった。

「さ、そろそろ準備をするぞ」とガイドさん。
膝に乗ってと促され、彼の体とボクの体を繋げ、ハーネスを締め、カラビナの確認。
「あと1分」
パイロットは言った。
どうやら、3,300mに到達するようだ。
あっという間に飛行機のトビラが空けられ、風が暴風となって機内に入ってくる。

まるで、プールの飛び込み台のような台に足を乗せた。下までは3,300m、障害物はゼロ。
「さ、いくぞ、踏ん張って」
ガイドさんが耳元でつぶやくやいなや、両足を踏ん張ると、あっという間に体は空中へと押し出され、宙へと舞った。
ふわりというわけではなく、急な落下。
ものすごい風圧。
急激な勢いで景色が変わっていく。地上が近づいていく速度が半端無い。
3,300mからパラシュートが開く1,500mまではたったの40秒しかなく、凄い速度なのだが、それがえらく長く感じられた。
体のどこかのセンサーがこの体験で解放されて、その穴が何かを感じとり敏感になっているのかもしれない。
恐怖はまったくなく、いたって冷静だった。
まるで自分の体ではないみたいな、どこかから自分の体を俯瞰しているような、なんか夢のような感覚だった。

急な衝撃を感じ、早送り状態から一気に普通のスピードへと戻る。
パラシュートが開いたのだ。

sky02

あとはのんびり景色を眺めたり、回転したりしながら地上へとゆっくり降りるだけ。

アドレナリンがビンビンのニュージーランド最後の凄い体験だった。
またやろう、と心に決めた。

sky03

海と山のカイコウラ

Day 9-11 @ Kaikoura

Lake Tekapoを経由し、クライストチャーチを通り越し、一路北へ。

New Zealand 2010

New Zealand 2010

海がばーーーん!山がばーーーん!のすごいロケーション。
ここKaikouraはウェールウォッチングの本拠地。

New Zealand 2010

船に乗ってクジラとイルカを見て(ちょっとだけね)、

New Zealand 2010

陸からはのほほーんとしたオットセイを見た。

New Zealand 2010

New Zealand 2010

New Zealand 2010

New Zealand 2010

なんだろう、彼らのあの、猛烈に癒す力。
思い出すだけで癒されるわ。

Hooker Valley Track

Day 8 @ Hooker Valley Track, Mt. Cook N.P.

Hooker渓谷を歩く。
道は比較的平坦で、二つの吊り橋、二つの氷河湖を見ることができる。

New Zealand 2010

New Zealand 2010

New Zealand 2010

とにもかくにも風が強い。木道からはじき出されそうだ。

New Zealand 2010

Hooker Lakeには氷河が割れできた、たくさんの氷が浮いていた。

New Zealand 2010

Mt. Cook / Aoraki へ

Day 7 @ Te Anau → Mount Cook National Park
ニュージーランド最高峰Mt.Cook(マオリ語でアオラキ)のお膝元の国立公園へ。

Te AnauからMt Cookまでの道はさすがに山岳地帯を通るだけとあってか、ワイン畑などはあるものの、比較的荒涼としていて、ヒツジ畑は少ない。なんだかちょっと安心したのだ。開拓されていない普通の土地もあるのだなあ、と。

それにしても、どこもかしこも素晴らしく美しい。
人が少ないということはこんなにも、自然が自然らしく残るということなのだろうか。

New Zealand 2010

New Zealand 2010

New Zealand 2010

New Zealand 2010

New Zealand 2010

New Zealand 2010

New Zealand 2010

Lake Marian Trek

Day 6 @ Lake Marian Trek

ミルフォードからの帰り道。Lake Marianへハイキング。
往復3時間のコースで楽勝と思いきや、まあまあ登る。

Keplerよりは乾燥している感じがしたが、川沿いに上がる遊歩道や森の中は相変わらず美しい。

New Zealand 2010

New Zealand 2010

New Zealand 2010

Lake Marianは雪山に囲われた小さな湖だった。

New Zealand 2010

New Zealand 2010

New Zealand 2010

時折周囲の山々から爆音と共に雪崩が崩れ落ちる光景が見られた。
雪はこれから次々に溶けて、この湖を今よりちょっと大きくするのだろう。

Milford Sound

Day 6 @ Milford Sound

氷河が創りだした遙かなる渓谷、ミルフォードサウンドへ。
静寂の中、Te Anauから100km以上離れた港へと向かう。

New Zealand 2010

New Zealand 2010

朝一の船に乗って、静寂のフィヨルドへ。

New Zealand 2010

誰もいない、船はゆっくりと進む。
垂直に1,500m以上も切り立った山々。
頂上直下から流れ出る幾十にも重なった滝。

New Zealand 2010

New Zealand 2010

New Zealand 2010

フィヨルドペンギンにオットセイ、イルカたちがお出迎え。
絵の中に入ったような素晴らしい光景。

ただ、こうも思ってしまう。
若き日の自分はこんなクルーズに乗っただろうか、と。

Kepler Track

Day 5 @ Keplar track

屋根を打つ雨音が大きく、何度か目が覚めた。
そのせいか夜明け前に目が覚めた。

Anau湖に向かうと、鳥たちは賑やかに鳴き、湖面は静かに朝を待っていた。

New Zealand 2010

New Zealand 2010

Kepler Trackへと向かった。Great Walk と呼ばれる、ニュージーランドでも素晴らしいトレイルの一つだが、上部は雪に閉ざされているため、森の中を歩くだけだ。

ここはフィヨルドランド国立公園。ニュージーランドの西南の果て。
うっそうとした湿度の高い森はコケやシダの楽園となっていて、想像の中のニュージーランドの森そのものであった。

New Zealand 2010

New Zealand 2010

New Zealand 2010

New Zealand 2010

Shallow Bayまで歩いた。
小屋の前にはもう2年も世界を旅しているという、ギター弾きのお姉さんがいた。

New Zealand 2010

New Zealand 2010

写真はこちらで

動画はこちら

開拓者たち

Day 4 @ Dunedin → Te Anau

どこまでも、いけどもいけども続く広大なヒツジ畑に早くも飽きてきた今日。
人間としてヒツジとして生まれたら、何をするだろうか。毎年決まった時期に毛を刈られ、最終的に老いたらペットのえさ用として処分される。うーん、柵をやぶって逃げ出すだろうか。
じゃあ、牛だったらどうする?肉牛ならどうする。逃げ出しても誰も飼ってくれなさそうだし、ブッシュで身を隠そうにもばれてしまいそうだ、などなどポケーッとそんなことを考えていた。

New Zealand 2010

それにしても、環境にいいとか、エコとか、そんな良い響きのニュージーランドだが、ここまでヒツジの牧場が続くと、果たして・・・とも思ってします。
開拓者が入る前の、本当に原生林が残っていたであろうこの地を想像する。
どれだけの森を切り開き、牧草地や農地に変えていってしまったのだろうか。進めども進めども、続く禿山とヒツジの群れを見て、来る前のエコ国家という印象が変わらざるを得ないのであった。

農地は国土の50%超、残っている森林面積は約30%ほどだという。森林面積だけ言えば日本のほうが多いくらいだ。
かつて、ニュージーランドの人々は、自分たちが余りに森林を伐採して牧草地に変えてしまったことに気がついたという。そして残っている原生林のほとんどを、開拓できないように国立公園へと変えたのだと。

少なくとも、彼らは気がついたのだ。
そして今はゼロエミッション国家として、持続可能な国家として生まれ変わろうとしている。
我々日本人は、いつか気づけるのだろうか。

ペンギン・オットセイ・ヒツジ・ウシ・リャマ

Day 3 @ Christchurch → Oamaru → Dunedin

早起きしてレンタカー屋さんへ。
カウンターの厳しそうなおばはんに、「あなたの国際免許証の有効期限は?」と聞かれ、「一年だよ!」と答える。
「じゃあ、貸せないわね、有効期限切れているわよ、これ」
「えっ!?」
絶句してしまった。なんと一つ前の免許証を持ってきてしまっているではないか。しょっぱなから痛恨のミスである。
「なんとかならない?」と食い下がる僕、「 無免で貸す訳には行かないわ」とおばはん。うん正論だ。

情報が豊富な空港に戻り、違う会社で素知らぬ顔で再トライしてみることに。
日本の免許も一緒に出したのだが、有効期限22年12月19日を「これって、2019年の12月22日かしら?」と聞かれ即座にYes!と答え、国際免許証は切れてるけど、日本の免許が切れてないから、まあいっかと大丈夫になった。ゆるいお姉さんで良かった!ほっ!

クライストチャーチを抜けると、周囲はすぐに牧草地に。ヒツジが溢れている。
今日で一生分のヒツジを見た気がする。
ヒツジだけではなく牛もいるし、リャマもいる。

New Zealand 2010

New Zealand 2010

New Zealand 2010

Oamaruでブルーペンギンの子どもを見て、すっかりペンギンマニアとなりモエラキにイエローアイドペンギンを見に行った。
ヨチヨチ歩きのペンギンを監視小屋から見る。
いや〜、かわいい。かなり癒されてしまった。なんなんだ、この可愛さ。ペンギンは南半球にのみ生息し、種類は実は18種しかいないのだ。
かなり貴重なんだよね。

New Zealand 2010

New Zealand 2010

気づくと虹が出ていた。
そして夕焼けも素晴らしい。

New Zealand 2010

New Zealand 2010

すっかり満たされた気分となって、ダニーデンに到着したのは陽が暮れてからだいぶ後になった。
たくさんの素晴らしい風景を見られた一日だった。

おまけの動画↓

桜咲く

Day 1-2 @ Christchurch
一日の中で四季があると言われるNZ。日中は半袖短パンな人もいるんだけど、夜は10℃以下にぐっと落ち込む。
南半球なので、当然ながら季節は日本の反対。
桜は見事に満開だった。

NZ01

日本の北海道や東北の5月くらいの感覚だろうか。

NZ02

春の訪れに、みんな心なしかワクワクしているようだった。