カテゴリー別アーカイブ: kogoto

Road to Roraima #番外編 Starman

飛行機に乗ると映画を貪るように見る。ビールもワインも飲むから食っちゃね食っちゃ寝だけれど、起きている間は常に映画を見ている。 ベネズエラへの往復で見た映画は以下 見た映画 エージェント47 オデッセイ インターン ブリッ … 続きを読む

カテゴリー: kogoto, tabibum, Venezuela | コメントをどうぞ

そして30代が終わる

あと10分で終わり。 あっという間だったとは思わない。いろんなことがあったし、密度も濃かったし、経験も体験もたくさんした。 それでも、と思う。未だ大人になりきれていなく、永遠と生きていたいし歳なんか取りたくないので、たと … 続きを読む

カテゴリー: kogoto | コメントをどうぞ

『職業としての小説家』を読む

新井さん渾身の? 『職業としての小説家』を読む。これまでの村上春樹と違ってかなりリアルな舞台裏な感じ。彼もいつのまにかもう66歳。ここいらで、と小説家のノウハウも含め自伝的に振り返っている。66歳といえど自身を発展途上に … 続きを読む

カテゴリー: kogoto | コメントをどうぞ

トラベログ

どこかに行けてないと不安になる。 今月はどこか行ったか、先月はどうだったか、来月は予定はあるか・・・など。 夏が終わりいろいろな予定が終わり年末が見えてきたのでちょっとだけ振り返った。 あ、ちゃんとどこかに行けてるみたい … 続きを読む

カテゴリー: kogoto | コメントをどうぞ

安保法案

賛成、反対、中立。いろいろな対立があってウォールを見ているだけでちょっと疲れた。本来いろいろな意見があったりしていいはずなのに、この人こっち側なのかー、この人はこうなのかー、と人をそれだけで判断してしまったりもして。まあ … 続きを読む

カテゴリー: kogoto | コメントをどうぞ

メモ

お久しぶりの沢木耕太郎。 残った的確すぎる言葉をメモ。 「たぶん、悼むというのは「欠落」意識することである。あの人をうしなってしまった! と痛切な思いで意識すること、それが悼むということなのだ。 だが、ヒトはやがて忘れて … 続きを読む

カテゴリー: kogoto | コメントをどうぞ

心に残った言葉たち

ブログの放置っぷりがすごいのだけれど、なかなか自分を整理する時間が取れない。まあ、ボチボチ外だけではなく、中も向いていかなければなあと思う日々でもある。 記憶は不確で、記録しないと忘れるので少しだけ。 ヨセミテで出会った … 続きを読む

カテゴリー: kogoto | コメントをどうぞ

後藤さんを想う

筆が遅々として進まず。なんだか悶々として、書いた文章を放置しつつも、ただ書かないと前に進めないような。なので、整理しきれていないけれど、書ききりたいと思う。 ———— … 続きを読む

カテゴリー: kogoto | コメントをどうぞ

何事も経験か?

何事も経験するのがいい。しないよりはよっぽどね。と常々思うんだけれど、ただ、それが必須の経験であるものかはちょっとわからない。とも思う。 最近仕事でファッション誌の撮影の立ち会い、というのが増えてきた。いわゆる、これまで … 続きを読む

カテゴリー: kogoto | コメントをどうぞ

2015年

新年に抱負みたいなことを書いたのは2012年。すなわち3年も前なわけだ・・・・・ ダイジェスト的に3年間を少し振り返ってみると・・・・ 2012年は東北スノボードから始まり、四国や直島、沖縄本島を旅し、北丹や信越、神流、 … 続きを読む

カテゴリー: kogoto, life | コメントをどうぞ