この世の果てで

ユーラシア大陸、最西端、ポルトガル・ロカ岬。
ここに立つのは実に12年と1ヶ月ぶり。

あの日、不安でいっぱいの僕は、小さな勇気だけをたよりにして、この地から遥か東の果て、シンガポールへの自転車旅行へと出発した。
9ヶ月後、1万7000kmを走破し、たくさんの困難と、乗り越えられたたくさんの自信とともに無事シンガポールにたどり着いた。

あれは本当に、自分がやったことなのだろうか。
カスカイスへと向かう車窓から、12年前に走った道を心の道と重ねながら、どうしてもそう思ってしまう。

若くて幼稚だった。無知だった。無謀だった。
バカだけど前向きで、たくましくもあったと思う。

ポルトガルを早い段階で抜け、スペインに入った一日目の日記にこう書いてある。
「銀行があいていないので、スペインのお金を一銭も持つことなく先に進んでしまうことにした。(当時はユーロなんてなかった)
結局70キロ走って暗くなったのでヨーロッパで初めて野宿をすることにした。いくら探しても適当な場所が見つからないので、畑らしき場所にキョロキョロ辺りを見渡しながらテントを張った。今日はお金が両替できなかったので、何も買えず。残り物の魚の缶詰と、パスタをあえて夕食を済ました。しかーしこれがまずいまずい!そのうえ水溜りがそばにあるのか、蚊がブンブン襲ってくる。おまけに夜には雨が降ってきた。」

なんだかほんとうにたくましい。
それに比べると、今の生活はぬるま湯なこと。
過去から学べることはたくさんある。

ロカ岬には、昔も今も何も変わらない風景があった。
今日もたくさんの観光客が押し寄せ、大西洋の果ては相変わらず、霧に包まれまったく見えなかった。

神山写真

四国神山のちょっとした写真。

昔の劇場。寄居場。
kamiyama08

佐々木さんが場所を提供したとか。

kamiyama07

kamiyama09

kamiyama10

畳に寝転び見る天井なり。

空も、大地も暖かく迎えてくれた。

kamiyama11

kamiyama13

kamiyama12

kamiyama14

イン カミヤマ へ 〜 to “In Kamiyama”

四国は徳島県、神山に行ってきた。
それにしてもすごい名前の地名。神の山だもんなあ。

kamiyama01

きっかけはLiving worldの西村さんの、「in Kamiyama」サイト作成の記事を見てのこと。
最近、関連するいろんな出会いがあり、じゃあ行こう!となったのだ。

3度目の四国。今年は何かと3度目が多い。歳か??
徳島から自転車で1時間半。神山町へ着き、街の入り口のすてきな素敵な「釜パン」屋さんでコーヒーと焼きたてパン。

kamiyama02

kamiyama03

kamiyama04

まさかのまさか、ここで神山観光はほぼほぼ終わった(笑)。

友人の友人Coccoさんに会い、アーティスト・レジデンス(もう10年以上もアーティストを海外から呼び、神山に暮らしてもらい、作品を残してもらうスバラシイ取り組み)宿舎の掃除に行き、その後寄居場を見て、鮎食(あくい)川へ。

kamiyama05

そのままキャンプとなり、翌日の夕方までずーっと川にいた。
素敵な地元の人々との会話、おじちゃんたちに教えてもらった川漁、インターンの学生との触れ合いや、カヌーでの川遊びと盛りだくさんだった。いつも思うけど、四国の人は旅人に日本一あたたかいと思う。

もっと神山を見たかったけど、人と触れ合えたのが、一番良かったと思う。やっぱり旅は人だよな〜、と。
ぜったい、また来たいと思う。ちょっと触れただけだったのに、本当にすばらしい場所だったから。

kamiyama06

たまにはworks2

携帯の待ち受けFlashを遊スタイルさんにつくってもらいました。

mizu3

210円のDL代金の中から、100円がピースウィンズ・ジャパンさんの水支援活動に寄付されます。
3キャリア対応なので、ぜひDLして下さい。
夜になるとホタルが飛ぶのだよ〜。
メダカ好きとしては、メダカもオススメ!

以下のQRから、みずのがっこう→チャリティー待ち受けFlash
と進んでください。

QR

たまにはworks

たまにはworksネタ。
まるで、遊んでいるばっかりだからね〜。

Yahoo! のグリーンプロジェクト内、地球温暖化防止キャンペーンのクイズの監修などをやっています。

環境エネルギーの飯田さん。
登山家の栗城さん。
そして来週は辺見えみりさん。

ぜひサイトにて、クイズの答えを検索して二酸化炭素をオフセットしてみて下さい〜!

quiz

死なない道

死なない道を歩いた。
No die street.
ここは、Destinyが反転する場所。

yoro07

建築家、荒川修作とマドリン・ギンがつくった広大なアート、養老天命反転地。

yoro01

“現在の世界の絶望的な状況を希望ある未来へ。「死」を前提とした消極的な生き方を改め、古い常識を覆すことが必要である。この死へいたる「宿命(天命)」を反転することを使命として荒川+ギンズは活動を続けてきた。彼らは身体感覚の変革により意識の変革が可能だと考えたのだ”

yoro02

どこが地面でどこが天井なのか。
横にあるものは、壁なのか、果たして地面なのか。
ここにいると、確かに平衡感覚がおかしくなってくる。

yoro03

yoro04

キッチンとソファーは壁に突き抜け、我々の世界で言うところの天井に、ベッドやトイレがくっついているのだった。

yoro05

yoro06

楕円形のフィールドには様々な道と、9つものパビリオンが点在する。
背後の山と空のコントラストがすばらしい。
そしてここはあまりにも広大だ。
いったい誰がここに、どのような力や背景がこれを創ることを可能としたのだろうか。

yoro08

yoro09

No die street
「死なない道」と書かれた道を進んだ。

私の運命/天命は反転したのだろうか。
死はもはや目指すものでなく、生に向かうベクトルへと変換されたのだろうか。

yoro10

yoro11

yoro12

yoro13

yoro15

そのドアはどこかへ続いていた。
天国なのか、宇宙船へとなのか、はたまた生なのか死なのか。

yoro14

いずれにせよ、昔からわかりきっっていたことを、この地で再認識した。
なにをどうしようと、世界が反転しようと、全ての生きとし生けるものにとって、かならず死がやってくる。
それは、この世に生を受けたときから、誰にでも用意された平等な権利である。
その死を覆すことに成功したものは誰もいない。

天命を反転させた荒川修作にも、それはいたって普通のこととして訪れたのだから。

12mの飛び込み

過去2回、ここでできなかったことがある。
それがけっこう後悔で。今回こそ、ぜったいやるぞ!と誓っていたこと。

それは12mの橋からの飛び込み。
ものすごい高さなんだ。
下を見ると、本当にビビる・・・

gujo14

「どりゃっ!!」

gujo15

「華麗な舞」

gujo18

落ちる〜

gujo16

「どど、どうする?」「おまえ先に行ってくれよ・・・」

gujo17

(・・・・やっぱやめよっかな、、)

gujo19

女の子だって鼻をつまんで、、

gujo20

「え〜いや〜」

gujo21

↑なんかの合成写真だろうか(笑)

これが普通に許されているこの街のすばらしさといったら。
そして、10年越しの想いをこめて。。
詳しくは動画で・・・

それにしても、ものすごい衝撃。体が痛い、今も痛い。

郡上踊り

1999年にこの町を訪れたとき、夜に涼みがてら散歩にでかけた。
プラプラと歩くと、どこからか囃子の音が聞こえてきた。地域の盆踊りでもやっているのだろうかと音のするほうへと向かうと、広場で踊りの輪ができていた。

gujo09

gujo10

最初は遠くから見ているだけだったのだが、みんながあまりにも楽しそうなので、自らもその輪に入って踊ってみることにした。見よう見まねで腕の動きや足のステップを真似てみる。比較的動きは単調なのですぐに覚えることができた。それにしても歌が面白い。まるで聞き語りのような歌。

gujo11

gujo13

ただの地域の盆踊りと思っていたこの踊りこそが、「国指定重要無形文化財」郡上踊りだった。

さて、もちろん今年も伝統にのっとって踊りは続いている。
この踊りを踊ってこその、郡上八幡だと思う。
郡上踊りを体験せずに、郡上八幡に行ったとは言えない。というか、これを体験することで、郡上八幡の魅力は数倍にもあがると思うのだ。

gujo12

夜の10時にみんなノリノリハイテンション。
すごく単純な踊りだから、頭の中が空っぽになっていって、トランス状態にでもなっていくのだろうか。
日本の伝統的な、野外のダンスクラブ。
うーん、海外にも誇るべきものだなあ〜。