陸前高田へ

今回のバスはレーベン号といって、茨城の中古車会社さんがバスを提供している。震災からほどなくして、バスを出し始め、それが今では二台となり、毎週金曜日に東京と茨城発、土曜日作業、日曜日朝に戻る、というのを続けている。

takata_01

行った先は岩手の陸前高田だった。震災後初の岩手である。
23:30に東京を出発して、町に入ったのは8:00頃だろうか。前回の南三陸市街地と比べると、とても片付いているなという印象。建物だった部分にはほぼ、コンクリートの基礎だけが残り、瓦礫などは一か所に積み上げられて、いたるところで重機が動いている。
しかし積み上げられている瓦礫の高さが半端ない。ビル3階分など平気であるのではないだろうか。

takata_04

takata_02

takata_03

ボランティアセンターで団体で手続きして、今日の作業は気仙町の瓦礫撤去になった。田畑みたいな地形なのだが、人が生活されていた場所でいたるところに散乱している自然物以外のものを片付けるという作業。
水路に入った瓦、砕け散った基礎、トタンの屋根やお茶碗に鍋。この家のモノだけではないのだろうけど、いたるところからあらゆるものが出てくる出てくる。
実際に作業をした時間は午前2時間、午後2時間。移動時間と比べるとあまりにも少ない。ただ、40人もの人間が集まると機動力はすごくある。
本当にたくさんの瓦礫が集まった。

takata_06

正直、この作業が今後どのように活きていくのかは今はわからない。
この土地がどのように活用されるかによるだろうし、ここに住んでいた人が、この状態を見て満足してくれるのか、はたまた住んでいた人はもういないのか、わからないからだ。もしかしたら重機でガツンと土を盛ってしまった方が早いのかもしれない。

ただ、今日ここにいた皆にとって、この場所で作業をしている行為が無駄ではないよなと思う。自己中心的な考え方かもしれないけれど。
本当にいろいろな想いの人がいる。それだけはたくさん感じた。感じることができて、本当に良かったと思う。

大船渡に親戚がいたという少年が参加していて、小学生なのにすごくがんばって働いていた。夜に話すとその親戚は津波にて亡くなってしまったという。「津波で死んじゃった」とぽろっと普通に言うのだけど、こう言えるようになるまで、普通じゃない時があったのだろうなあと、勝手に想像してしまう。

あれから、8ヶ月。8ヶ月もたって、まだボランティアの手を使っての瓦礫撤去なのかと思うと、先の長い行程に住民の方は途方に暮れてしまうよなと思う。今日作業したところの上の田んぼはこのような ↓ 状況だった。まだ車が埋まっているんだよ。

takata_09

作業を終えた後は、気仙沼に行ってお風呂に入って、プレオープンしたばかりの復興屋台市場というところに行った。

takata_08

餃子とビールを飲んだのだが、店のおばさんはずっと仮設にいたらしく、「はたらくっていいなあ、体を動かすのっていいなあ」としみじみと言っていた。

takata_07

気仙沼の港では、まだいろいろなものが海の中に沈んでいた。

再びバスは東京へ。日曜の朝4:30、東京駅へと着く。
終電を逃したのか、はたまた今まで飲み続けていたのか、だれもがぐったりと寝ている始発の電車に乗って家路に着いた。それは東北とはかけ離れた、日常の平和な光景だった。

また行こうと思う。
今回東北に行く機会を作ってくれた、このバスを企画運営している人々に感謝したい。

地震メモ Day 260

先週末、久しぶりに東北へと向かった。震災から250日以上、実に8ヶ月が経過していた。
最後にボランティアに行ったのは6月。ずいぶんと間が空いてしまった。いろいろな事情があったのだが、ほぼ4日夜に渡って家を空けるスタイルのボランティアが難しかったというのが一番かも知れない。
今回は2泊3日、それも車中に二泊という強行プランだった。

東北の人のために何かしたい、役に立ちたい、というボランティア本来の目的とは違って、今回は完全に自己満足のための東北行きだったと思う。すべてを変えてしまったあの津波を過去のものとして、何も考えずに忘れて過ごすのが嫌だった。今もなお、苦しい思いをしている人たちがきっといる。

俺、忘れていないよ。ちゃんと覚えているよと、自分自身に言い聞かせたかったのだと思う。

糸井さんが、ほぼ日でこんなことを言っていた。

「震災以後、いろんなひとたちに話を聞くと、
どこの被災地のひとたちも、
「忘れられてしまう」ということを
いちばん怖がっていると感じました。
そして、被災地以外のひとたちは
「忘れてしまう」ということを
ものすごく恐れているんです。」

そうなのだ。あの出来事を忘れて過ごしてしまうことを、きっと恐れたのだと思う。

バスは日比谷公園を出発して、深夜の東北道を北へ北へと走った。

武田の杜

甲府の武田の杜のトレイルランニングコースを試走してきた。
今年は紅葉が遅いのか、まさに今が真っ盛り。

takeda

前半は1時間以上、かなりの登り基調で非常に疲れる。体調を壊してからの初めてのトレイルランなので、やはり体の調子が良くはない。すぐに心拍数があがり、170まであっという間。終止アラームがピーピーとなっている。ああ、おれの鍛えた心臓さんはどこか彼方へいってしまったのね。

コースは落ち葉でふかふかで、ほとんどがシングルトラック。左手には甲府市内と、その先に南アルプスで終止絶景。川あり、白い石灰石なような景色ありで本当に気持ちがいい。

DSC01842

途中足をねんざしてしまったので、ここで無理は止めようと思い、22km地点で終了。いやー、でも本当にいいコースだった。

武田の杜


EveryTrail – Find the best hikes in California and beyond

110km その後の顛末

信越110kmの後に体を壊した代償は結構大きく、ろくに動けない日々が一ヶ月以上続いた。
肺の器官がおかしくなってしまったのか、肺年齢は67歳と診断され、血液をたくさん採られ、肝臓の数値が異常と再度血をたくさん採られた。

レースのエントリーフィーは18,000円だったのに、病院に27,000円も費やしてしまった。基本的にはクラミジアニューモニエという空気感染する肺炎に感染したようなのだが、その後も息がうまく吸えない日が続き、そしてややこしいことに息子と嫁さんが、風邪なのか熱なのか、病気が長期化してしまい、さらにそれに僕も感染し、熱も出るし、無理して山に行くとさらにひどくなるし、まったくうまく健康になれないやきもきした日々が続いたのです。

あんなに鍛えたつもりで、この数年間でもっとも良いshapeだと自賛していた体が、気がついたらこんな有様なのだよ。
最終的に大学病院に行き、徹底検査を受け、薬はしばらく(半年って言われたけどホントかなあ・・・?)飲まなければいけないが、なんとか異常な状態ではなくなった模様。
本当に今日まで長かったよ、すっかりモチベーションが下降しきってしまった。

前置きが長くなったのだけど、信越が終わってからノリで申し込んでしまった「武田の杜」というトレイルランニングのレースが12月に控えており、ようやく昨日から体を動かし始めたのです。

寒い中のランニングだったけど、体を動かせるってなんて気持ちがいいんだって思った。健康ありがたや、ありがたや。

そして、一ヶ月とちょっとほぼ全くといっていいほど、体を動かせていなかったので、運動指数はゼロになっていると思ったんだけど、ゼロじゃなかったのだ。ちゃんと体は覚えてくれていた。

そんな体に感謝しつつ、たった4kmの近所ランが嬉しい一日でした。