栂池 – 蓮花温泉 – 木地屋 バックカントリー

3月後半だというのに雪が降っていた。まあ雨よりはましだよ、といいながら朝のゴンドラで栂池スキー場の最上部へと上がる。中旬から動き始めるロープウェイに乗り自然園へ。ここから天狗原までハイクアップ。ものすごい風で、雪は飛ばされスノーシューのアイゼンがよく刺さる。ただ、スキーのシールは効かないみたいで、大変そうだったけど。

天狗原へと上がると、吹きっさらしで何も遮るものがないため、本当に風がすごい。今日登ろうと思っていた白馬乗鞍なんて影さえ見えない。みんなのモチベーションは下がりまくり、どうしようか・・・蓮花温泉辿り着けないんじゃ、という気配が漂った。ただここにいるだけだと、どんどんと体温が低下するだけなので、早く決めようと向かってみることにした。幸いにも、しっかりと案内が木々についている。助かった。

乗鞍沢を降りたかったのだが、どうやら安パイの振子沢に入ってしまったみたい。昨日も雨ではなく雪だったのではないかという、軽いパウダー。斜度は足りないけれど、気持ちがいい!

途中からはいよいよだれたトラバース。スノーボーダーには辛い。歩くレベルだ。
ついにがまんしきれなくなって、我々は沢筋に突っ込んだ。何とかなるっしょ、と。これが実は大間違い。沢はかなり狭くなり、上部にはポッカリと亀裂。このままではヤバいのでは・・・と途中で思い直し、急な稜線を木にしがみつきながら上がること1時間くらい。コースにやっと復帰した。目的地の蓮花温泉はまではすぐ。
本当は13:00には着くのでは、と思っていたのに予想外の15:30着。寄り道し過ぎだろ〜。
夏はここまで道が来ているんだけれど、この時期は雪山をかなり自力で進まないと辿り着けない、スーパー秘湯である。内湯が新しくなってしまったのは残念だけど、お湯はすこぶる良い。携帯は圏外だし、電気も自家発電。電話は衛星電話のみ、というとてもコアな場所だった。たまの電波からの解放は気持ちがいいね。

21:00に消灯だけど、暗い中お風呂に入った。これはかなりサイコーだった。

翌朝、昨晩より降り続けた雪はいまだ止むことなく降っているのであった。新雪は50cm以上、雪崩的にはリスキー。多くの人が予定を変更して下山する中、我々はちょっとだけ雪倉山に登ってみようか、途中まで、ともがいてみることに。しかしラッセルが半端なくまったく進まない。

滑ってみよう、と選んだかなりの急斜面ですら、雪が深すぎて進まない。

こりゃダメだ、と引き返すことにした。ここで遊んだ3時間があとで苦しくなること、この時はまったく知らずに。。。

クラシックスキーツアーのセオリー通り、木地屋へ下ることにした。途中ほんの少しだけ、おいしい斜面はあったけど、ちょっと斜度が足りない。さすがスキーツアーコース。

最初の沢に下ってからが、結構辛かった・・・
川を徒渉し林道へと上がるも、すごい風で先攻パーティーのトレースは消えていた。つい今しがた2時間の激ラッセルをやって来た身としては、精神的にダメージが大きかった。ホワイトアウトで現在位置を見失っていた。予想の1/3も進んでなかった。時間だけが刻一刻と過ぎていった。この時間でこの場所は、ちょっとヤバいな、と本当に思った。天候は回復する兆しはなく、常に吹雪いているし。
ただ、安心していたのは今回のメンバーの二人がすごく信頼できる仲間だったこと。彼らとなら何があっても平気だろう、と思えたことは大きかった。

ようやく道を見つけ、コルへと上がり、後は下りのみ(のはず)となり、ほっとしたのはつかの間。

ウド沢を回り込み、右岸は滑れる予定が、雪が重すぎてまったく滑れず、地獄のトラバースラッセル。これが永遠のようだった。今日は夜まで歩き続けるであろうということを、このときちょっと覚悟した。ようやくトラバースが終わり、2時間ぶりの下りが!
ただそこはスキールート。すんなりと下らしてはくれず、小刻みなアップダウンが続くので、スノーボードをつけたり外したり。雪が深いからつぼ足だと歩きにくくて仕方ないし・・・最後には板を持つ腕の力すらなくなっていった。

ここまで来ると先攻パーティーのトレースがくっきりとついていて、スノーボード的には大変ありがたかった。止まらないように止まらないようにと踏ん張って進み、最後の集落へと続く林道は誰も仲間を待つことすらなく、とにかく無我夢中の集中した下り。
なんとか木地屋に17:15に降りることができたときは、全員歓喜の声を上げた。

糸魚川のタクシーを呼んで栂池に戻れたのは19:00。朝7:00に出発してから12時間、長い長い一日だった。

奈女沢バックカントリー (川場裏)

川場スキー場の裏に、ちょこっとハイクアップするだけでいいところがあるらしい、ということになって朝3:30に起きて向かった先は沼田I.C.。渋沢から徐々に雨は雪に変わり、スキー場が近づくにつれ、おー積もってる積もってる。今日はパウダーは期待してなかったんだけど、もしかして?

スキー場でエーちゃんに合流して、タカと3人でまずはゲレンデパウダーをいただくことに。3月にしてはとてもいい雪だったと思う。しかも3月だからなのか、場所柄なのか、ガツガツしている人がいない。

あらかた満足した後、車からBC道具一式を出して、裏山へと向かう。
最上部リフトから、剣が峰へと向かう稜線にとりつく。一昨日までの、解けて固まった層の上に、昨日と今朝の降雪が30cmくらい乗っていて、ちょっと急な斜面を切ると雪がずれる。上部の急な斜面に行ったら、危ないかもしれないねという話になり、ほどよい斜面でドロップした。

最初は気持ちがいい斜面、でもすぐにトラバース気味に横に移動し、超えなければ行けないコルの下に着く。ここから違う稜線までの沢の横断も、たいした斜度じゃないけど、一人が横切ると斜面の雪が全部雪崩れた。うーん・・・・
予想外のパウダーラッセルを経て、ようやく正面に奈女沢を望む。

本日一番(唯一?)の、気持ちのいいライド。ちょいオープンバーン。一人づつ、みんな奇声をあげながら、滑った。気持ちよかったー。

そこから沢は次第に狭くなり、狭くなり。雪は重くなり・・・・ボードは止まる。テレ組に先行してもらい、ひたすら左斜面をトラバース。その後、板を外してラッセルラッセル。コルを抜けて、沢を渡って、ゲレンデへ。

気軽なゲレンデ裏、と思っていたバックカントリーは、以外と疲れた割には得る斜面の少ないコースだった。
気に入れば何度もこれそうな近さと気軽さをイメージしていただけに、新定番の発掘はならずといった感じ。ただ、新しいフィードに行くことに意味があるし、運動はやはり心地いいし、昨日から雪崩れたらやだなあとちょっとドキドキしながらの無事の帰還は、生きている実感をより高めてくれるものだなあ、としみじみと感じたのであった。

コース↓

奈女沢バックカントリー


EveryTrail – Find trail maps for California and beyond

親子二人旅

息子との初の二人旅は、高尾山にした。
電車では起きてたのに、ケーブルカーも楽しそうだったのに、山の登りは背負子の後ろでぐーすかぐーすか。

山頂で起こして、下りもぐーすかぐーすか。まあ、自己満足だよね、これは。でもとても楽しかったです。またどこか行こう。

黒姫山バックカントリー

妙高のあとは、その南の黒姫山へ。ここは昔タカと来たことがあるのだけど、そのときは状態が良くなく、印象悪いまま終わったのだけど、最近はよい評判しか聞かないので再トライすることにした。リフト二本、各350円を乗り継ぎ、ゲレンデトップへ。コスト的には非常に安い。

運転中止中の最上部のリフトを脇に見ながら登坂開始。上部まで上がるのに一時間、そして汗だく・・・けっこうな数のパーティーが入っていた。人気なんだなあ。みんなスキーでボーダーゼロっていう、僕から見たら異常な感じだけど。

リフト上部からは森の中へ。ブナが本当にきれいで神秘的。昨日の夜から降り続く、雪の中をゆっくりと進む。森の中なので天候は穏やかだ。稜線部が近くなると、風は強くなり、稜線に上がったらもう台風のようだった。一気に気温が下がり、体温が奪われていく。恐るべし。
カリンカリンの稜線を進みながら、ドロップポイントへ。
最初は森の中が波うってて、ある意味テクニカル。それを越すと、斜度は緩いがパウダーの林間コース!そしてやはり無人でファーストトラック。本当に気持ちよかった。

一度ミスコースをして、ちょっとだけ登り返す。1396m地点の大地を左から回って、東方向へとルートを選びながら、谷を降りていく。沢が浅くなったところで、うまく反対側に渡って、ノーストレスでゲレンデへと戻る。コース取りほぼ完璧なすばらしい一日だった。

やはり山はいいね〜!

三年連続の妙高三田原

今年は異常な積雪量だと言われている妙高エリアへカッセと行く。まあ、彼のホームグラウンドだし、別荘あるし。関温泉の積雪量は400mを超えているとか。ただ、水曜日に雨が降り、木曜日に気温もグッと上がった。バックカントリー的には黄色信号だなあ、水曜日に最上部のリフトを、雪崩の危険性があるからと運転停止してたし。

そんな複雑な気持ちのまま、妙高I.C.に降り立つと、いつもの風景と明らかに違う。雪の壁の高さが例年と全く違う。こりゃー、いくら豪雪地帯といえど、住民は大変だろうに。

翌日は雨かと思いきや、軽い雪が降っているではないか。うれしい誤算。まだ上部の状態がわからなかったので、ひとまず通常のリフト券を買い、最上部まで上ることに。コースを流して雪質を確認する。うん、粘着している感があるし、安定感ある、大丈夫そうだ、上がろう。

スタート前に、カッセとビーコン練習。4回くらいやると、お互いに弱点というか、自分のビーコンの特性的なものもわかってくる。パートナーへの信頼度も上がり、非常に有意義。なぜ今までやらなかったのだろう・・・

三田原自体は三年連続。その前にもきてるから、コースも知ったものだし、状態もわかっている安心感がある。ただ、今年は核心部の最初の沢の状態が例年と異なり、ちょっとヒヤヒヤ。稜線にとりつくルートも雪庇の下という、別コースを取らざるを得ず、そこまでは慎重に進んだ。

あとはもう、これまで通り。上部に向かうにつれ、風は強くなり。やっぱり冬山は冬山だよなあと再認識する。固まったバーンの上にうっすら雪が乗っている状態で、上部はカリカリしてたけど、ゲレンデよりよっぽど楽しい。そして無人で独占だよ。

唯一の誤算は、池ノ峰を避けてトラバースしようと早めに東に向かいすぎて、ゲレンデに近づきすぎたために、後半部分がおもしろくなくなったこと。今度はGPS持ってきて、完全にマスターしたいな。