アコンカグアへ -2-

miura_05

アコンカグアへ行くメンツや日程がほぼほぼ固まってきて、2回目のミーティングをした。
一回目のミーティングで決めたのは、今回のプライオリティー。最大の目的は登頂ではなく、全員で何があっても無事に生きて帰ってくること。生きてさえいれば、失敗しても再挑戦がいつかできるもんね。これはとても重要な意識統一だと思った。

二回めのミーティングは道具の話。みんなこだわりがあるので、話があっちいったり、こっちいったり。まとまらねー・・・

そしてミーティング前に行った、ミウラ・ドルフィンズの低酸素室のお話。

アコンカグアは標高があまりにも高いので、そして今回は高度順応に掛ける時間が少ないので、できれば低酸素室でなんらかのトレーニングがしたいというのがこちらの希望。

好日山荘もやっていたりするけど、よく知られ評価がいいのはミウラ・ドルフィンズ。なんてたって、あの三浦雄一郎の総本山だから評判もすこぶる良いし、実績もすごいわけだ。トレーニングを受ける前に、テストをしなくてはいけない。それは自分の体が高度に対してどのように適正があるのか。

肺の検査をした後に、SP02、血中酸素のお話。血の中にどのくらいの酸素の濃度が通常はあり、それが高度を上げるとどのように変化していくかということ。

miura_01

数値は正常時は99だったけれど、頑張って息を止めると95くらいになった。

miura_02

そして低酸素室にはいって座って過ごす。標高は3,000mくらいだと言われたと記憶している。
だんだんと濃度は下がり、85くらいに。しかし酸素を吸う練習をすると、濃度を上げることができた。とても興味深い。

それから運動。
こちらもどんどん下がっていく。でも意識して呼吸をすると、濃度は復活する。これまた面白い。呼吸法はちょっとやり過ぎ感はあるが、わかっていて大丈夫とのテスト結果。

miura_03

続いて睡眠テスト。30分くらい、横になって眠る。
最後はちょっとウトウトしたけれど、とても寝苦しく、空気が薄い感覚。

miura_04

このテスト結果がややアウト。
睡眠中に異様に血中濃度が下がってしまうらしく、リスクありの判定。

どうすればいいですかね?の質問に「睡眠トレーニングがいいです」との答え。え、どうやってやるんですか?と聞くと「高いところで寝るだけです」とのこと・・・・なかなか実施が難しい。ちなみに、肺テストも芳しくなく、肺年齢が57歳。やはり喘息が治っていないんだろうか?それなりに走れるし、問題無いと思っていたのになあ。

ちょっとブルーになったテスト結果だった。地道に改善プランをたてるとしよう。
このテストは二人で受けると1,000円割り引かれ、7,000円。

高所トレーニングは段階を踏まなければならず、
4000m-4500mの90分。その後も90分刻みで4500-5000, 5000-5500, 5500-6000mと続いて最大4回、各4,000円也。

沖縄へ

久しぶりの沖縄本島5日間。
家族と一緒に美ら海、フクギ並木、そしてひめゆりの塔。
座間味に行くはずが、台風で船が戻れなくなる可能性出て、急遽恩納でのんびりとすることに。
まあ、旅はいろんなスタイルがあるけれど、家族と一緒にいろいろ体験できるのは幸せだね。

okinawa

なんとなくこの写真がすべてを物語っている気もする。

Madarao Forest Trails 50km

10月の頭に斑尾の50kmのトレラン大会に出てきた。
今年はひとつもトレランの大会に出ていないし、あまり走っていないし、大会でお金払うなら別に友人と行きたいコースに行けばいいんじゃないかと思ってしまう昨今なのだが。
それでも大会があると走る動機付けになるし、限界を引き出してくれるから、南米前に一度出ておくといいのではないかと思ったわけで。

それでもモチベーションだったり、仕事だったり、他の趣味だったりいろいろなことが重なりあまり走りこみはできなかったなーと思う。今日走れなかったから明日にしよう、とか、それで更に引き伸ばしたりと甘い俺。

でも山は定期的に行っていたから、足腰は悪くはなく、まあベストを尽くそうとおもった。

madarao

序盤、やはり最初は飛ばしてしまって心拍が一気に上る。
信越五岳の110kmと同じ道だけど、いつもの林道がとてもつらい。頑張りすぎちゃったかなと思ったけれど、2Aに着いたのはおそらく110kmのペースとほぼ一緒・・・・・
これはやはり、走るという体を作っていなかったせいだなと思った。

袴岳への登りで思ったより暑くなり、川の水を飲む。ここが最初の辛いなー、ポイント。あー、やっぱ大会辛い、できれば出たくないと「ネガ」な自分。
下りで復活して、頑張って走る。赤池のエイドから毛無山の登りでまた辛い心境。またきたかー、と思いながら復活を願うも、毛無山を登るともう足が残っていなかった。それでも、ゆっくりと走ることにしたら、つらそうな人がパラパラと前方に。抜かさせてもらうことでモチベーションが上がってきて、頑張って走ったら頑張れた。

最後のエイドを過ぎて、最後までちゃんと頑張ろうと思ってしっかり走れるところは手を抜かないで走った。

結果は6:19で61位。完全に予想タイム通りでなんのサプライズもなかったけれど、諦めることなく今の自分を出しきって頑張れたのでとても良かった。これで南米の体力へは少しプラスかな?

北アルプスへ

少し前のことだけど、9月上旬、平日に代休がもらえたので久しぶりに一人で北アルプスへ。
早くいこうと思っていたのだけれど、起きたら4:00、慌てて家を出て車を走らした。どこにいこうか前日にいろいろと選択肢を考えていたのだけれど、時間的に選択肢がなくなり、三股へ。

今回のテーマは常念岳と燕岳に行く、だった。ピストンにするか、周回にするかは天候と時間次第。

7:30に出発。
1300m から2857mの常念岳山頂へはちょうど3時間。コンディションは良い。
そこから13:10には大天井岳、2921mへ。

NorthernAlps2013_01

NorthernAlps2013_02

NorthernAlps2013_03

お昼休憩をとって、荷物を草むらにデポして燕岳へ。7kmと意外と遠く、時間がないなーと走った。

NorthernAlps2013_04

NorthernAlps2013_05

NorthernAlps2013_06

燕岳は、女性のアルプス一番人気と知ってから、ずっと興味があったんだけど、景観がとても特異でいい雰囲気。鳳凰三山にちょっと似ている。
燕山荘で噂のケーキも食べた。時間がなくてゆっくりできなかったのが残念。

NorthernAlps2013_07

NorthernAlps2013_08

目的地を大天井岳止まりとするか進むか、暗くなる中考えたけど、今日はちょっとチャレンジング行程で進んでみようと思った。夜のアルプス歩きは初めてだし、あまり夜は好きじゃないけれど、そんなんじゃ夜中に登る6,000m峰はどうなのよと思ったのだった。
次第に空が暗くなってきて、それでも結構遅くまでライトなしで歩けた。
空気が冷えてきて、ひんやりとしてくると、雲が下に降りてきて、代わりにまばゆい三日月が空に輝き星が沢山出た。火照った体に時折吹く夜風が気持ちいい。足元を照らしながら、ところどころ気をつけてあるき、19:00 西岳山荘に着いた。

翌日は日の出前に起きて、ご飯を作って、出発した。昨日ほどではないとしても、今日も行程は長い
谷を挟んだ対岸には常念岳がくっきりと見えていた。これから目指すは槍ヶ岳。

NorthernAlps2013_09

NorthernAlps2013_10

近づくにつれ、その圧倒的存在感を増す槍ヶ岳。上高地からの道が退屈なので避けてきたけど、やっぱりいいな〜。頂上までさくっと登ると学生みたいな団体から「よく来るんですか?」と。思い返してみたら前回登ったのは1999年だった・・・

NorthernAlps2013_11

アルトラの靴を履いている人に行程を話したら、そんなこと結構やるんですか?と聞かれたのだけど、「普通の山行に退屈して、たまにチャレンジングな事がやりたいときに一人でやります。一人だと行くも止まるも自由なので」話しながらいろいろと整理されて、そうなんだよな、と勝手に納得した。これはトレランでもないし、でも先月の南アルプス山行ともちょっと違う。装備を買い足すことなく、いわゆる普通の道具で荷物最小限にして、早く歩くテント縦走。こういうのなんて言うんだろうね。
軽い道具がいろいろと欲しくなったのであった。

さて、槍ヶ岳からはひたすら下る。横尾まではやっぱり退屈。そしてここからが、普通の人があまりしない、午後からの尾根超え1,000m。さすがにちょっと応えた。

蝶ヶ岳からはさっきまでいた槍ヶ岳が遥か彼方。
ここから三股まで下り、一泊二日の長い山行が終わった。

NorthernAlps2013_12


GPSを鞄の中に入れていたので、常念岳や大天井岳、大天井岳からの空身で往復した燕岳は含まれず。

1日目
7:30 / 駐車場 / 1300m
7:40 / 三股 / 1350m
10:30 / 常念岳 / 2857m / 10:50
13:10/ 大天井岳 / 2921m / 13:30
15:20 / 燕岳 / 2762m
15:30 / 燕山荘 / 15:50
19:00 / 西岳ヒュッテ / 2730m

2日目
5:00 / 西岳ヒュッテ
7:40 / 槍ヶ岳 / 3180m / 8:00
10:40 / 横尾 / 1620m / 11:20
13:50 / 蝶ヶ岳 / 2677m / 14:30
16:38 / 三股下駐車場 / 1300m

2日間のエアリア地図コースタイム36時間

アコンカグアへ -1-

今年の冬は南米大陸の最高峰、アコンカグアに行きたいと思っている。標高は7,000mにわずか40mおよばず6,960m。これは北米のデナリよりも高いし、キリマンジャロやヨーロッパ最高峰より高い。というか、ヒマラヤ地域を除いて、ここより高い山は存在しない。

こんな高い山なのに、クライミング的な技術はほとんど必要なく、簡単な山だと言われてはいるが、そうはいっても標高が標高なので成功率は30%とも言われ、毎年の死者もデナリより多いとのこと。自分の友人も3人の内2人は失敗している。

登れるか登れないかはわからないけれど、せっかくなのでその過程を綴っていきたいと思う。

2003年、もう10年も前になってしまうが、南米大陸を旅していた。
アルゼンチンにいたのは9月か10月だったので、まだ登山時期ではなく、それでも南米最高峰に近づいてみたくて、一目見たくてメンドーサから麓までバスで行ったのを覚えている。

(↓当時撮った写真)
Latin_America_269

その後、6,088mのHuayna potosiや、6,542mのSajama、5,897mのCotopaxiを南米で立て続けに登ったけれど、アコンカグアはいつかずっと登ってみたいと思っていた。6,000mを登ったら6,500mの世界が見たくなった。そして6,500mを登ったら7,000mの世界がやっぱり見たかった。

行けたら行こうと思いつつ、そんなこんなで月日は流れ。ちゃんと働いてしまうとなかなか行く機会はなかった。時間があったらお金がない、お金があると時間がない。その両方があるときってあまりないんだよな。あのときあんなにも近かった山が、日本に帰ってきてしまうと遥かに遠い山となった。

今年、子どもも2歳になってちょっと落ち着いて。仕事も少し落ち着いて。年末の暦が非常によい。4日有給をとれば16連休となる。これを逃すと、もう数年チャンスがないかもしれないと思い、思い切って行ってみようと思った。

もちろん、いつもながら一人でも行こうと思ったけど、せっかくなので友人に声をかけてみた。静岡の桜エビの人が一番乗り、うずうずを抑えきれないいつもの友人が会社に有給申請。滑りは好きだけど登りは興味ないと言っていた人が、「そこまでの登りは興味ある」と言ってきて。とあるカリスマが意外な反応を示し。フェイスブックでアップしたら何人か集まってきて。
今は暫定で7名のグループになってきている。友人に本当に恵まれているなあと、心から思った。

山を想うと、あるときはとても心細く心配にもなる。でもそれにも増して楽しみではある。
こんなわがままを理解してくれる家族にとても感謝しつつ、さてあと3ヶ月。