持続可能なエネルギー

自分の印象といえばテキトーキャラだったり、旅人だったり、ふらふらしている人だったりかもしれないけど、意外かもしれない、やや真面目なお題。

3年くらい前まで、Think the Earthという環境NPO 兼 Spaceport Inc, という制作会社で働いていた。そこの代表の取り計らいで、たしか隔月でゼミをやろうとなって。半年に一度テーマを選んで勉強して発表しなくてはいけなくてはなった。仕事とすぐに直結しないジャンルで勉強するいい機会だなと思って、一回目はまあまあ勉強した(二回目は適当にサボって、農業の産直的な題材にしてしまった)。前からずっとエネルギーのことを調べたくて。持続可能な社会とは100%の自然エネルギーなくては成り立たないだろうと思い、エネルギーについて調べてみることにしたのだった。

当時の日本の総エネルギー自給率は4%。経済的にも国防的にもやばいと思われた。原発稼働していない今となっては、エネルギーの輸入がすべての輸出金額を台無しにしている感もあるしね。そしてこれを書いた時は福島原発の事故の前だった。

原発についてはこう結んでいる
「デメリット:なんと言っても安全面。万が一事故が起きたときに地域にもたらす損害は膨大。また、廃棄物の処理方法も確立されておらず、かなり先の世代まで危険な廃棄物を残すことになる。」

その後まさか、あんな事故が起こってしまおうとは・・・

なんでこんなことを書いたかというと。原発事故後にこの時のスライドをここにアップして。

それが一部の人に好評でPPT資料ってもらえる?と聞かれたので、ぜんぜん勝手につかってくださーい。と思ったので、書いてみることにした。

以下がpptファイルのダウンロード先です。
http://www.tabibum.com/sustainable_energy.zip

レイアウトが2009のmacのpptでつくったので一部変だったりするのだけど、いくらでも勝手にコピー / 編集して使ってください。> ナメさん。いい機会をありがとう。