今年の富士山

3歳のムスコと富士山へ。
無謀という空耳が聞こえるけれど。今年登れるかもしれないと思った根拠としては。

・ギリギリ担げる重さ。すなわち来年からは自力なのでしばらくは登れない。
・2,700mの白山に登っているので、高度にちょっと慣れている。
・自分の感情を自分で表現できるので、頭が痛くなったら降りれば良い。
・運動しないで(背中に乗って)高度まで移動して、すぐに降りてくるのでおそらくは高山病そのものにかからない。世界各地のいわゆる舗装の峠路に行っているが、子どもも大人もバスで普通に超えていた。それは4-5,000mなので富士山ならば大丈夫だろう。

高山病はまだ解明されていないので、自分で考えて上記の想定をした。
順調に8合目まで、ここで寒いと行ったのでじゃあ動こう!と励まして8.5合まで歩き。疲れたのか寝たので、9.5合まで寝てそれからまた自力で頂上まで。

お昼ごはんを食べて、ゆっくりと下山。

IMG_2193

IMG_2198

IMG_2210

IMG_2215

IMG_2218

IMG_2229

IMG_2236

三宅島で銛付き

テラと石井くんとハラペコ漁師隊を結成して三宅島へ。目的は銛付き。最近人気が出てきていて、千葉と静岡では条例で禁止されているとのこと。行ったことがなく、お盆に空いてそうという理由で三宅島へ。実は今年からガスマスクの常時携行が必須じゃなくなったらしい。島に戻ってきている住民はまだ半数とのこと。
自作の銛は卒業して1万4千円の土佐銛に。とても使いやすく、良すぎないところも魚とのバトルという意味ではバランスが絶妙。
初心者のテラも初日から採れまくる。ブダイ、カワハギ、スズメダイ、タカノハダイといういつもおなじみな魚だけど、自給自足生活は最高に楽しい。はじめは刺し身や焼きだけだったけど、タイごはんにしたり味噌汁にしたり、卵を焼いてみたりバリエーションが増えてくる。
キャンプ場が携帯圏外というのも結果的には良くて、久しぶりに何もしない暇で豊かな時間を満喫。
最終日は走って立ち入り禁止区域の際まで行き、そのまま海にドボン。一年に一回はこれをやれるといいなーと思った。

miyake_01

miyake_02

miyake_03

miyake_04

miyake_05

miyake_06

miyake_07

miyake_08

夏山

きっと夏山が好きだ。なんでだろうなぁ、このわくわくする空気。白山に登った翌日、マイカー規制が始まって、駐車場となった市ノ瀬野営場で明け方から続々と上がってくる車と、バスに乗り換えて次々に山へと去って行く人々を、缶コーヒーを飲みながらベンチに座ってずっと眺めていた。
なぜ気持ちが高ぶるのだろう?年齢性別国籍居住地職業もバラバラなそれぞれが、都合をつけて一つのことに向かっていく。それもきっと自分の大好きな場所へ。そんな空気と、今年もやってきた一瞬の夏がたまらないのかもしれない。

20140814-173852-63532504.jpg

20140814-173853-63533398.jpg

20140814-173854-63534255.jpg

20140814-173851-63531879.jpg

20140814-173854-63534989.jpg

大阪出張

出張のついでに仕事上がりに六甲山。ガイドはのぶくんともとくん。芦屋川から走り始めて六甲のリアルおいしい水までナイトラン。夜景もすごく綺麗で、都会から自然へのアクセスのしやすさに、そろそろ関東から抜けだしてもいいよなーと思った一日だった。

kobe_01

kobe_02

kobe_03

kobe_04