革命の街、坂の街、サンティアゴ・デ・キューバ

Cuba

夜サンティアゴに着くとカストロがお出迎え。
タクシーを探す。やたらバイクの二人乗りが多いので、バイタクと見当をつけて止めるとやはりそうだった。タクシーより安いし、現地通貨でしれっと払うともっと安い。宿に荷物を置き、街を歩く。坂の街といってもそこまで坂だらけのわけでもない。ガイドブックに載っていたレストランに入ったら広いのに客は自分一人。やはりオフシーズンのようだ。ポークステーキを食べたのだが、この旅で一番美味しかった。

翌朝、港へ行き、そこから坂を上がると賑やかな広い市場を見つけた。南国のフルーツ、野菜、豚・牛・ヤギの肉、そしてシーフードが売られていた。キューバでは加工食品はとても高いけれど、生鮮食品は本当に安い。工業製品や加工製品などを、うまく作る技術が欠けているのだろう。

お肉ボーイ #SantiagoDeCuba #Cuba

バナナボーイ #SantiagoDeCuba #Cuba

街を歩いて写真を撮る。疲れたら座って聴衆を眺める。カフェでコーヒーを飲む。暑かったらビールを飲む。そして時間が過ぎていく。久しぶりの一人旅は、最初は慣れなくてとにかく暇でやることがなかったけれど、徐々に昔のリズムが戻ってきて、ゆっくりと出来るようになってきた。それでも、旅が短いので、見たいものが多すぎて毎日深夜まで街を練り歩いて、ホテルにいる時間なんて本当にごくわずかしかないのだが・・・・旅のスタイルにも性格が現れているなあとつくづく思う。

#SantiagoDeCuba #Cuba

坂の街 #SantiagoDeCuba #Cuba

IMG_3008

IMG_3011

IMG_8743

IMG_8816

IMG_8819

インターネットを出来るところを探したが、国の人口1000万人で第二の都市のこの場所でもWi-Fiがあるところは高級ホテル一つのみ。それも2時間で1400円。馬鹿らしくてやめた。

午後にモンカダ兵営へ。
建物の大部分は学校になっていて、一部が革命ミュージアムに。こういった使い方は素晴らしいなあと思う。

IMG_8798

1953年7月26日、独裁者の圧政に反旗を翻してここサンティアゴのモンカダ兵営を襲撃した若きカストロは61名の同士を殺され自身も捕まる。どこで誰が殺されたかという生々しい写真が飾られていた。犠牲なくして革命が成し遂げられない、そんな時代。
捕まった彼は自分は無実になるだろうと宣言して、本当にそうなるのだが。弁護士だった彼は自分を弁護し、当時の政権の虐待や拷問の事実が明るみに出ると世論の支持も受け数年後に恩赦で釈放されるのだった。

その後メキシコへ渡り計画を練り、ゲバラも加わると、10人乗りの小型ヨットに80人が乗り数日かけて1956年に再びキューバへ帰ってくる。まさに運も味方するってやつだ。そして民衆に支持されながら山中での2年に渡るゲリラ戦を経て革命を達成するのだ。

ガイドブックではこれより短く省略されてしまうこのくだりだが、想像すると壮絶すぎる。山の中で2年間のゲリラ戦って・・・彼らは最初の襲撃時に犠牲になった同士を忘れることなく7月26日という腕章をつけて戦い続けたのだという。キューバを旅してると町中至る所にゲバラが描かれていて、カストロの絵はほとんど見かけない。もちろん戦略的に広報してるのかもしれない。キューバ人でもないのにNo.2になって活躍し、その後も理想を求めてコンゴやボリビアで転戦したチェはかっこいいけれど、カストロは凄すぎるなぁと、この国を旅しているとしみじみと思う。

色々な矛盾もあるだろうし、亡命した人や富裕者や文化人からは反論もあるだろう。(この国を愛して20年住んだヘミングウェイはずっとカストロを支持していたらしいけど)それでも、アメリカからの経済政策を受けつつ、ソビエトも崩壊する中、医療と教育が無料で、識字率ほぼ100%のこの国を作り上げているのは本当にすごすぎると思った。

そんなことを思いながら、再び夜行バスに乗り北上を開始する。慌ただしい旅である。

IMG_8810

カサデトローバ

国立公園に一緒に行ったドイツ人の子たちに21:00からカサデトローバでライブが聞けるから会おうよ!と言われたのでノコノコと出かけていくと、すでに彼女たちはいなく。でも、ローカルがミュージックをやっている外でただ聞きして、踊ってる。いい雰囲気。ラテンというか、カリブだな~と思った。

人がいないオフシーズンでこんな盛り上がりだからオンシーズンはさぞかしすごいんだろうなぁ。ジゴロたちもたくさん集まってきていた。そこはオフシーズンならではで、イケメンのジゴロくんはバディーを見つけられるのだけれど、サルサは上手いが顔はイマイチなアンドロくん(25歳)は見つけられなくて、仕方なく俺に絡んでくるわけで。名前は何?から始まって、いやー、馴れ馴れしいこと半端ない(笑)

「タク!いいか、今日からベストフレンドだ!えーっと、ビア飲みたいんだけど、100円奢ってくれる?」
はい、どうぞどうぞ。カモられることも楽しめるようになってきたアンドロくんより10歳以上年上のワタクシ。

「タク!今日からブラザーだ!えーっと、ラム買ってくれないかなー(100円)」
はいはい。いいよー。財布には3,000円くらいしか入っていないので、これもバーターだな~と大人なワタクシ。

「タク!踊りを教えよう。チャチャチャ、だ。ワンツースリー!チャチャチャアア。そうそうもう踊れるよ!えーっと、タバコ吸いたいんだよ(100円)」
はいはい。どうぞ~。

その後、違うジャズバー的なところに連れて行かれ。彼はそこでのナンパも失敗したので、仕方なくビアを奢ってくれるワタクシに絡んでくるわけで。最終手段らしい、ロンプラにも載っている、丘の上のディスコに連れて行かれる。ここも、こいつがいなかったらすでにホテルで寝てるなー。ほどよいバーターだ〜。
そして、そのディスコで次なるイタリア人のカモが見つかったので、ビーチに飲み行くぞー!と車で連れだされるワタクシ・・・・
このまま拉致られてなにかあったらどうしようと思う午前2:00。ま、酔ったふりしてまだ酔ってないからいざとなったら猛ダッシュで逃げるか、と成り行きに任せてみることに。すると着いたのはビーチじゃなくて砂利だらけの川。そこで携帯から音楽流して、ビアを飲むだけ。キューバ平和だ〜・・・・

そして3:00。フライドチキン屋に連れて行かれて。
「タク!ハラ減ったよ!チキン食いたい!皆の奢ってくれ!(1,000円、エスカレートしてきた)」
俺も腹減ったからいいよ!食おう!

チキン来る。でも皆が食って食えず、ボウズなワタクシ。
最後はホテルに送ってくよ!と別カモのイタリア人のレンタカーにて無事にホテルにドロップされて終了。すでに朝4:00。翌朝はラムが効きすぎて、起きたら断片的な記憶とひどい頭痛な9:00AM。

アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園

朝7:00からアレハンドロ・デ・フンボルト国立公園へ出かける。「エコツアー」というそのまんまの名前のツアー会社を通して申し込んだツアーで、ドイツ人の学生2人と一緒。ツアーは2500円。車は町を出るとすぐに未舗装路になり、バラコアからちょうど1時間くらいで公園に到着する。マナティが住むという汽水湖をボートで2時間くらいまわる。マングローブやそこに住むカニ、ラッコみたいな生き物、たくさんの鳥、日本のガーデンショップで売られているようなエアプランツを多数見る。マナティは残念ながら見られず。

IMG_2946

IMG_2947

続いて陸をガイドさんと一緒に歩く。これが完全なスペイン語で、一緒に行った子たちが随時通訳してくれたので非常に助かった。まあ、いわゆる自然のへえ〜が聞けるツアーだった。「この木は若い頃は棘があるんだよ」とか「このエアプランツは大気から湿気を吸って育つんだ」とか、「あの鳥は他の鳥の鳴き声を真似する」とか。かつて自分もしていたようなことだが、つくづくこういうものに興味が無いんだなと思った。あくびが出そうだった、やはりアドベンチャラスなほうが自分には向いている。
もっと深い自然を歩くのかと思ったら、サンダルでも歩けるような林道みたいのが主体。3キロ程度なのであまり深くはいけない。擬態しているようなトカゲとか、世界一小さいカエルとか、見たことない色をした鳥とか、そのようなものも見られた。最後は川で泳いで終わり。

IMG_8518

IMG_2948

IMG_2949

IMG_2859

国立公園といえど300人くらい人が住んでいるとのこと。パームツリーに囲まれたそれら茅葺の家はまるで、アフリカのようだった。ここだけ連れて来られて、この景色を見せられたらアフリカだと思ったと思う。カリブなのに?でもルーツはアフリカだ。奴隷としてかつて大陸から連れてこられた彼らも、この国をそのように捕らえたのではないだろうか?そして、西洋の人々よりも明らかに適応できたのではないか?そんなことを思ってしまう。

こんな小さな集落にもしっかりと学校があって、制服を着た子たちがいて、さすが教育熱心なキューバだなぁと。

国立公園後に寄り道して、マグノアビーチへ。平日からスミマセン!と思ってしまうような理想的なビーチで昼からモヒート。

IMG_2951

ここだけはアフリカではなく、カリブだ!なにか食べるか?とバーテンダーが聞くのでサンドイッチ以外と言うと、タコとライスが出せるという。じゃあ、それと待っているとビーチに来て彼は言う、我が家で食べてくれ、と。
バーやレストランだと出せないんだよ。うちで食ってくれ、と。やっぱりアフリカだった。もちろんタコライスではない、タコとライス・・・・

その家は鶏、豚、猫、犬が平飼いされていて平和な場所だった。でもなんで、家の庭先でブタちゃんと一緒に「こんなに平和そうなのに、いつ食べられちゃうんだろう」とやや儚くなりながら、タコを食わなきゃいけないわけ?

IMG_2871

IMG_2873

庭先に普通にハチドリがいた。やっぱりカリブだった(笑)

読み込み中

民家に普通にハチドリがいた #PlayaMaguana

Instagramで閲覧

キューバ最東端の街、バラコア

キューバ第二の都市、サンティアゴ・デ・キューバへと向かうバスは暗闇の中南東へと走っていた。道路が波打っているのか、横揺ればかりするのでいつか倒れるんじゃないかと思ってしまったほど。やや不安になりながら、何度か起きる。
6:00でもあたりは薄暗かった。日の出も日の入りも早い。そうか、ここも北半球だから夏のように暖かいのに日照時間は冬なのだな。なぜか暗闇で歩いている人がいたり、多くの人がおそらくバスを待っていた。人は移動する、自分もまだ見ぬ世界へと移動してる時間が好きだ。だから短い旅行でもとことん移動する。一箇所にじっとしていることができない性格だからでもある。でもどんなに短い旅行でも、移動して辿り着いた先の光景が生涯心に残るものだったりするから面白いなと思う。

好奇心が昔より減ったためか、それとも旅が久しぶりすぎるのか、ワクワクよりもドキドキがちょっと勝っている。さて、いったいこの少ない日程をどう過ごそうか。飛行機の中やバスの中で考えても決めきれない自分がいた。サンチアゴは外せない、せっかくだからトリニダーかカマグウェイは行くべき。あとは・・・・
なぜかバラコアという地名に引っかかっていた。ただ、この短い日程で他も回りたいと思うなら、結構チャレンジングな場所に位置していた。なぜなら「最東端の街」とガイドブックに書かれていたから。キューバが小さい小島だと思ったら、とんでもない。面積では日本の本州の半分で、東西1,250km。人口だって1,000万人。島としてはカリブ海最大の島なのだ。
それに加え交通網があまり整備されておらず、マイナー路線は基本的にバスが一日決まった時間に一本という旅行のしにくさ。バラコアも例に漏れず、ハバナから15時間かかるサンティアゴよりさらに5時間半、バスは当然一本のみだった。やっぱりこの日程では無理そうだなと思っていたところ、予期せぬ時間にバスがサンティアゴについたのであった。15時間の移動と計算すると到着は9:30かと思っていたのに7:00に着いてしまった。バスターミナルが街のどこにあるのかも、宿をどこにしようかも決めきれていない。ターミナルでガイドブックを開き、壁の時刻表を見てると、バラコア行きが7:45にあるではないか。これは行けってことじゃないの?バスの出発までは15分を切っていた。なぜかバックパッカーがたくさんいて、皆バラコアに向かうよう。やっぱり何かあるのかな。移動の連続になってしまうけど、旅は成り行き、行き当たり。サンティアゴをスルーすることを決め、バスに飛び乗ったのであった。

IMG_8409

広大なサトウキビ畑を抜け、悪名高いグアンテナモへ。ここはアメリカと国交断絶しているのに関わらず、アメリカが永久借款している土地があり、そして嫌がらせのように極悪犯の収容所があるのだ。Google Mapを拡大するとここだけアメリカ合衆国と書かれている。不思議なことだ。

USA

その後さらに東へ。美しい海岸線を抜け、サボテンが生える乾燥した大地を走り、最後は密林の中の峠道を進む。5時間かかり、ようやくバラコアに着く。バス停には民宿の客引きさんがたくさんいた。10CUC(1100円)と声をかけてくるので、キューバとしてはかなり物価が安いよう。客引きに釣れられていっても良かったのだが、ひと目みたいホテルがあった。かつてゲバラやカストロも泊まったというホテルが海沿いにあるというのだ。それも21CUC(2200円)とキューバでは破格。

IMG_2824

もう鄙びてるとガイドブックにはよく書かれていなかったけど、入ってすぐにここでいい、と決めた。確かに古いし、ドアもガタつく。エアコンもリモコンもないし冷えるかわからない。でも窓はオーシャンビューで一階にはひなびたバーが有る。宿泊客はいない。早速ビールを買って、テラス席からマレコン通りを眺めながらいっぱい飲んだ。

街を歩く。コンパクトで絵になる。人はみんなのんびり。馬車や自転車タクシーが現役だ。客引きみたいのも一部いて近くのビーチなどに誘われるけど、ガツガツしてないので、断るとあっさりとひく。レストランはどこもガラガラでこれでどうやって行ってるんだろうか。それにしても暑い、日差しが強烈で汗が吹き出る。

IMG_2828

IMG_2841

IMG_2842

IMG_2843

IMG_2844

IMG_2845

IMG_8412

明日の国立公園ツアーの予約をして、モヒート飲んで、要塞みて、夕暮れのマレコン通りを歩いたらもうやることがなくなった。
暇だ。最近「ひま」「やることがない」ということがないので、なんだか慣れない。持ってきた本もまだ読んでいないけれど、ビールやラムを飲んでぼーっとしている方がキューバにあっているような気がした。

そういえば、ここはかつてコロンブスが上陸した場所でもあった。街のはずれに彼の銅像と十字架があった。この「新大陸発見」は中南米ではいいことや記念日となっている、ポジティブに捉えられているのがちょっと不思議だった。だって、発見され侵略され、アフリカから奴隷として連れて来られたのに。ただ、当時カリブに住んでいた原住民はもういない。みんなほどなくして、絶滅したのだ。ああ、人間の残虐性。

IMG_2846

馬車が現役で走っていた。
自転車タクシーがゆっくりと追い越していく。
若者たちは路上で裸足のサッカーをしていた。しかもかなり本気で。
公園に行くと必ず多くの人がいた。
昼から飲んでいる人がかならずいる、仕事は?
結構な数のバックパッカーがバスには乗っていたのに、誰一人みかけない。そこそこの人が飲んでいたホテルのバーは、夜になると誰もいなくなった。みんなどこで何をしているのだろうか。

IMG_2848

IMG_2849

昨日はヘミングウェイが通ったバーで、彼のお気に入りのモヒートを飲んだ。今日はこうしてコロンブスが上陸した場所にいて、カストロとゲバラが泊まったホテルにいる。通りを眺めると、そこには馬車が走っていて。いったいここはどこなんだ?酔っぱらった頭で考えながら、暑い部屋に窓から入る海風が心地よく、電気をつけたまま眠りについていた。

キューバへ

行きたい場所リストというのがゆるやかに更新されながら自分の中に存在している。
それはベネズエラのギアナ高地だったり、ブラジルのアマゾン源流、マダガスカルのバオバブ街道、ハワイ島の火山、イエメンの旧市街や、そしてリビアの古代遺跡だったり。キューバはいつもトップリストに入っていた。突然時間ができたので、即座にハバナまでの航空券を予約した。今しか見れないモノやコトがあるとしたらそれはリストのうちどこだろうか。イエメンもリビアも国そのものが変わってしまった。カストロがいるキューバといないキューバもきっと違うし、もうすぐ変わってしまうだろう。そう考えるとリストの中から選ぶのはキューバが良いと思った。

何度か乗り換えが必要で遠いと思っていたキューバは、実はトロントからの乗り継ぎだけで行くことができ、夕方日本を出るとその日の夜にはハバナについてしまうのであった。

17:50成田発のトロント行きに乗り、同日の21:30にハバナに到着。トロントまでの飛行機は混んでいたけれど、トロント-ハバナ間は比較的空いていて、小型の4列シートなのに空席が目立った。空港は思ったより綺麗で、褐色の人々がお出迎え。夜とあって空気もひんやりとしていた。なんてことはなくイミグレーションを通過すると、薄暗くも出迎えの人々がいる到着ゲート。さすがに悪い奴はあまりいなそう。

IMG_2771

5万円くらい両替し、infoturというインフォメーションに行き、日本では買えなかった明日のバスチケットを購入。この案内所はおそらく国営なので悪い人はいないはずだが、ここで紹介されたタクシー運転手はちょっとイカサマなおじさんだった。タクシーまでは距離をとってついてきてくれと言われ、タクシーに乗ったら少し伏せててくれ!と意味不明。きっとあそこのカウンターの人の知り合いらしく、割り込みだったんだろうな。どこの国も変わらないな、とちょっと笑ってしまう。
しばらく走って街中に入る。かなり遅いのにみんな起きてて、通りで話してたり、玄関先で上半身裸になりながらチャットしている。外にカウンターがむき出しになっているバーのようなものにも人がたくさん群がっており、さすがラテンである。スペインの血を確実に引き継いでいる。

日本から予約していた宿に着いたのは23:00、どうやら民宿だったらしく地元風のおばちゃんが迎えてくれた。何か食べるものあるかな、と聞くとすぐそこでピザが買えるよ、とのこと。外人専用の通貨で支払うと少しのコインが地元の通貨で返ってくる。分厚いシンプルなパンピザだったけど空腹には美味しかった。時差ぼけでなかなか寝付けなかったけれど、本を読んでいるといつしか寝ていた。

朝7:00に起きる。ちょっとだけ通りに出ると海が見えて、もう足が止まらない。どこをどう見てもハバナ!きた!高揚感につつまれ、心がしびれた。海に面したマレコン通りでは、釣りをしている人、のんびり佇んでいる人、ジョギングする人、といろいろ。遠くに要塞が見え、反対にはカラフルな新市街の建物が見える。

IMG_2786

IMG_2783

泊まった場所は1800年後期のコロニアルな建物で、中の装飾品も綺麗に残っている。よく、剥奪を逃れたなぁと思う。

朝食後、旧市街に向けて散策を開始。時折怪しそうな人間が今日はサルサパーティだとか、葉巻を半額で売ってあげるとか言い寄ってくるけどしつこくないし可愛いものだ。とにかくどこを切り取っても絵になる、写真を撮り続けていると前に進めないほどだ。世界遺産に指定されている旧市街は比較的綺麗で、観光ツアーの西欧人爺様婆様のグループばかりでちょっと興ざめ。これなら自分が泊まっていた場所の方がよっぽどよかったかもしれない。

ふと気がついたのだが、広告というものを一切見かけない。社会主義だからだ。観光地なのに、ツアー会社も見当たらない。バックパッカー用のバスもあるとガイドブックに書かれていたのでいろいろと情報収集したかったのだが、なかなか難しそうだ。バスのチケットを昨日買っておいてよかった。

ただただここにいる満足感に満たされ、でもちょっぴり心細かった。かつてあんなに一人で旅をしていたのに、最後に本当の一人旅に出たのは3年ほど前のブータン。旅でのふるまい方をちょっと忘れてしまっているような自分がここにはいるのであった。

IMG_2784

IMG_2785

IMG_2807

IMG_8305

ハバナに来たいと思ったのは、10年以上前に見たナショナル・ジオグラフィックの記事が頭に残っていたからだった。古い町並みに佇む子どもたちの写真。そこにはサッカーを興じている子たちもいた。まるであの時見た写真の一コマのように、今日も街角でサッカーをしている子たちを何度も見かけた。

IMG_2800

IMG_2804

何故かバスターミナルに2時間前に必ず行きなさいとチケットを売ってくれたおばちゃんが言うので、16:00にバス停へ行くことにした。短い旅なので、一本バスを逃しただけですべてが狂ってしまう。ちょっと待っても安牌な方が良い。郊外のバス停まで行くと、早く来たのは全く意味がなく、17:00にまた来てねとカウンターで言われた。

仕方なくターミナルのショップやレストランでビール飲みながら時間を潰した。なんだか今日は朝からずっとビールを飲んでいるな。たいしてい美味しいビールではないのだが、この旅でずっと四六時中飲み続けることになるのであった。

バスに乗り込むと時差の関係か、ビールが回ったのか、出発前にいつの間にか寝てしまっていた。