Road to Roraima #02 恐怖シティー・カラカス

Google でベネズエラといれて最初に出る候補が治安(その次は美人と国旗が続く)である。殺人事件は年間1万5千件、国民3000万人に対し出回っている拳銃は1700万丁。特にカラカスと空港が危険レベル2。空港が危険ってどんなギャグだよと思ってしまうんだが、同行するテラが調べまくってきて、飛行機でいろいろ聞かされて不安が伝播した。タクシー乗るとドライバーが銃持ってて襲われることもあるとか、安全と言われてる大使館地区でも人が殺されたりとか、バス停が危なすぎてタクシーも行ってくれないとか。とにかく毎月600件とか殺人事件が起こってるのでテロとか紛争地帯かよって感じ。ファイナンシャルタイムに世界で一番治安が悪い都市と書かれ、友人の協力隊員に帰国命令が出てしまうというひどさっぷり。それでも大丈夫であろうと行くことにしたのだが、ニューヨークの空港でお金をカバンや靴の下などに分散した。

  
そういえば成田のアメリカン航空の職員にも脅され、カラカス行きの飛行機で現地人にも「危ないよ、冗談じゃないんだよ、悪いんだけどさ」と言われたのだった。
そんなわけで2時間遅れで14:00にカラカスに着く頃にはかなりのビビリモード。いざゲートを出るとさっそく制服のおっさんに捕まる。「どこに行きたいんだ?」「プエルトオルダスだよ」と僕。それならこっちだよ、国内線は歩いて5分の外なんだと彼。国際線から国内線の移動の最中にも襲われるとも書かれてたので、そんなに悪人じゃなさそうだし制服着てるし、ついてったほうが安全かもなと思ってついて行くことに。「両替はしたのか?」と彼。それが目的なのかもなと思いながらついて行く。

ベネズエラでは経済が崩壊に向かっていてデフォルト寸前。インフレがひどく闇両替が存在する。公式には1ドル200ボリだが闇では最高800なのだった。

国内線空港に着くとお目当の飛行機はない。クリスマスだから本数が少ないとのことだった。友人が手配してくれたチケットは明日の17:30、時間を効率的に使いたかったのもあったし、カラカスに滞在したくなかったのですぐに移動したかったというのが大きい。

じゃあ夜行バスか。なんにしてもお金が必要なので国際線に戻りいろいろ聞いて700ボリで替えてくれる人を見つけ200ドルほど替えた。

  
制服の人はポーターで、彼らが両替マーケットも担っていた。タクシーはオフィシャルタクシーを前払いで固定レートで払ってから乗るようにとあったのだが、みんなグルになっていて固定レートはない。そこは諦めて9ドルくらい払って新市街の安全なバスターミナル、フラミンゴへと向かった。
ダウンロードしてきたオフライン用のグーグルマップを見ながら進路を確認する。旅のスタイルが変わったよなぁと思う。

空港から町までは30キロ、山を越えるとビルが並ぶカラカスの町へ。斜面に立つ街はカラフルで可愛らしかった。高速道路の上をゴンドラがなぜか通っていたのが印象的。道はスムーズで渋滞もなく40分ほどでバス停に着いた。予想と違ってガラーンとしてて、ゲートも閉まっている。聞くとクリスマスで3日間休みらしい。すなわちこの時点で恐怖のカラカス滞在決定。なんとかガイドブックに載っていた宿まで乗せてもらったのだが、満室だった。タクシーは行ってしまい、でかいバックパックを担いだまま宿を探すことに。久しぶりに焦るぜ。すぐ近くのホテル・アルタミラ(2人で800円)が空いていたので鉄格子の中に入り一安心。オフィスも宿もレストランも鉄格子の中。治安の悪さが容易に想像できる。
  
暗くなる前にと食事に出かける。ヒヤヒヤしながら歩いたけれど、クリスマスイブのセントロの街は女性も子どももいるし、恐怖情報さえインプットされなければいたって平和に感じた。ケニアのナイロビやモンバサ、ケープタウンの方がよっぽど怖かったな。
でも油断は禁物なのでケバブの夕ご飯を食べ早々に宿に戻った。
夜、銃声なのか爆竹なのか、クリスマスイブのはしゃいだ花火なのか、何はともあれ軽い爆発音みたいな音を明け方まで聞きながら浅い眠りについた。

Road to Roraima #01 ギアナ高地へ

行きたいと願い続ければ何処へだっていくことができる。今年の年末は南米の残された宿題二つのうちの一つ、ベネズエラのギアナ高地へ。
日本からのそれは果てしなく遠い。

成田からアメリカン航空でシカゴへ。シカゴからNYのJFK空港。2時間のディレイだったがそれでも7時間のトランジットタイムがあったので地下鉄でブロードウェイへと向かった。その昔ここに来た時は17歳だった。すなわち23年前である。当時は日本がバブルだったけれど、国は衰退もしていくのだな〜と思えるように日本の看板は少なく韓国や中国メーカーのものが目立った。そしてより華やかになるブロードウェイを見てアメリカはうまく上昇し続けているのだなとも思ったのだった。

   
    
   
ふたたび地下鉄に乗り深夜3:00にワールドトレードセンター駅へと降り立つ。当然そこにはかつて訪れたあのビルはなく、変わりに翼を象徴するようなモニュメントとビルが建造中だった。あの日この場所で、飛行機がここに目がけて飛ばされビルが崩壊した。まさに近代史をこの目で見ているようだった。そしてやはりアメリカはそれを乗り越えていく力があるあるのだなと思ったのだった。

空港に戻り気持ちを切り替えてベネズエラ行きの飛行機に乗る。さあ2年ぶりの南米が待っている。

そして30代が終わる

あと10分で終わり。
あっという間だったとは思わない。いろんなことがあったし、密度も濃かったし、経験も体験もたくさんした。
それでも、と思う。未だ大人になりきれていなく、永遠と生きていたいし歳なんか取りたくないので、たとえ時間が誰にでも平等だとしても、着実に歳を重ね40代になってしまうのはちょっとやりきれないなあと感じるおセンチな夜。なんてったって、人生の半分が終わりだ。ホントに参ったよ。

いつかはそんなことは思わなくなるのかな。
もしくは今でも旅をして何かを探しているのと同じように、これまでもずっとそうやって、人生を模索し続け、悩み続けるのだろうか。それはそれで困るけれど、それが自分のような気もしている。

大雪山ファストパッキング Fastpacking in Mt. Daisetsu

8月2日。
飯豊山から帰宅して、中二日の休憩(というか平日仕事・・・)で札幌へと飛んだ。クレイジー。

ファストパッキングシリーズの最終章は北海道の大雪山。
十勝岳まで行こうぜ!と思っていたらまさかの富良野岳までだった。さすが弘樹・・・・

1999年に日本を自転車で周っているときに、富良野のキャンプ場に自転車をデポして大雪山からトムラウシを目指した。猛烈な悪天候で神様に無事を祈りながら敗退となったのが思い出される。

同じように旭岳ロープウェイの下から湿原を通って旭岳山頂を目指した。
あれから歳をだいぶ重ねたのに今のほうが体力も経験もあり、速度も早く安定感があるのだからつくづく不思議だなあと思う。
旭岳! #Daisetsuzan #Hokkaido #japanmountains #Fastpacking

おはよう!旭岳! Good morning Asahi-dake! #Daisetsuzan #Hokkaido #japanmountains #Fastpacking

Yeah! #Daisetsuzan #Hokkaido #japanmountains #Fastpacking

眼下には大絶景が広がる。
皆口々に「日本じゃないなあ!」と言うんだけど天邪鬼な自分は「これが日本なんだよ!日本は多様で素敵なんだよ!」と心のなかで何度も唱える。

#Daisetsuzan #Hokkaido #japanmountains #Fastpacking

天気がわかんないから進めるうちに多少暗くなっても進んでおくことがリスク回避だ、という持論に従い(笑)。なんと初日にトムラウシまで進んでしまった。ちょっとやり過ぎ感・・・・ただ、アップダウンが少なくてファストパッキングに適した山だなあと思った。

走るカメラマン、しかもパックにテント入り #Daisetsuzan #Tokachidake #Tomuraushi #Hokkaido #japanmountains #Fastpacking #OYMgram

絶景の道をいく #Daisetsuzan #Tokachidake #Tomuraushi #Hokkaido #japanmountains #Fastpacking #OYMgram

走る人 #Daisetsuzan #Tokachidake #Tomuraushi #Hokkaido #japanmountains #Fastpacking #OYMgram

旭岳からトムラウシへの快適トレイル #Daisetsuzan #Tokachidake #Tomuraushi #Hokkaido #japanmountains #Fastpacking #OYMgram

ヒサゴ沼。気持ち良さそうなキャンプ地だった #Daisetsuzan #Tokachidake #Tomuraushi #Hokkaido #japanmountains #Fastpacking #OYMgram

翌日も持論に従い(笑)前の日に貯金があるからといって手は抜かない。十勝岳を悠々とパスして上ホロ避難小屋まで。

チングルマ祭り #Daisetsuzan #Tokachidake #Tomuraushi #Hokkaido #japanmountains #Fastpacking

ベベツ岳にてキタキツネ #Daisetsuzan #Hokkaido #japanmountains #Fastpacking #tomuraushi #fox

The trail #Daisetsuzan #Tokachidake #Tomuraushi #Hokkaido #japanmountains #Fastpacking

爆風にやられ、ヒグマにビクつき、夜中に小屋に避難した。チキンだけど、ツェルト安心感がない〜・・・

U.L. Style #Daisetsuzan #Tokachidake #Tomuraushi #Hokkaido #japanmountains #Fastpacking

貯金が見事にハマり、最終日はサクッと富良野岳まで。下山することに雨がぱらついた。

三峰山への登り #Daisetsuzan #Tokachidake #Tomuraushi #Furanodake #Hokkaido #japanmountains #Fastpacking #OYMgram

富良野岳へと向かう #Daisetsuzan #Tokachidake #Tomuraushi #Furanodake #Hokkaido #japanmountains #Fastpacking #OYMgram

トレイルランナーでもあり長年の友人である石川弘樹。とにかく脱帽モノの山を愛するピュアボーイ(おじさん)
ややブラックなところが垣間見れる(そこが好き)同い年のヒマラヤハイカー根津さん。
そしてメディアを立ち上げ先見の明を持ちつつ、経営者や編集長でありながらもいつも真摯な松田さん。
青年の時の旅ではなくなり、みんなアラフォーなおじさん4人となった濃密な4回旅シリーズは本当に幸福な時間だったと思う。わがままな企画に付き合ってくれて感謝しかない。またどっか行きたいね!

旭岳から富良野岳への3日間の旅、無事コンプリート!一緒に旅をしてくれた仲間に感謝。 #Daisetsuzan #Tokachidake #Tomuraushi #Furanodake #Hokkaido #japanmountains #Fastpacking #OYMgram

飯豊山山頂にて #Fastpacking #japanmountains #MtIide #飯豊山

▼詳しくはこちら
http://mag.onyourmark.jp/2015/09/fastpacking_daisetsuzan/81743

飯豊山脈ファストパッキング Fastpacking in Iide Mountain Range

7月下旬の飯豊山脈の記録。もう詳細には資料を見ないとかけないのでダイジェストだけ・・・・(苦笑)
今年の山行や記録はなぜこのように記録せずに終わろうとしているのか振り返るに、おそらくその殆どが仕事で行っていたので、記事がアップされる前に自分で発表してしまうことはダメだという至極真っ当な意識が働き、アップされた頃には次の山行に行っているという具合でこうやってグダグダになってしまったのだなあ。

新潟から村上行きに乗り坂町へ。東京から4時間、地味に遠い。駅前に泊まり翌朝早朝タクシーで東俣彫刻公園そばまで行きそこから歩き始めた。

Sunset & Moon #飯豊山 #Fastpacking #japanmountains #sunset

おはよう!飯豊山、ブナの森を進む。

The Koya #飯豊山 #Fastpacking #japanmountains

林道ではアブの襲来に会い、急登では汗だく。しかしいったん稜線に出てしまえばなんとまあ!
こんなにフトコロが深かったんだ!飯豊山!
東北アルプスの名に恥じない奥行きの深い山容の中を貫く一本の道。

Summer! #飯豊山 #Fastpacking #japanmountains

朳差岳を過ぎ、大石山、地神山、門内岳、北股岳、烏帽子岳を経由し御西岳小屋へ。
絶景のキャンプ地。

絶景のキャンプ地、御西岳避難小屋 #飯豊山 #Fastpacking #japanmountains

翌日は暗いうちから最高峰へアタックしてから主峰の飯豊山へ。美しいブナの森を弥平四郎まで下った。
#飯豊山 #Fastpacking #japanmountains #trailrunning

#Fastpacking #japanmountains #MtIide #Trailrunning

山小屋のおっちゃんたちが本当に素敵な山塊だった。

#Fastpacking #japanmountains #MtIide #飯豊山

▼詳しくはこちらから
http://mag.onyourmark.jp/2015/08/fastpacking_iiderenpo/80948

Yosemite 2015

5月下旬にヨセミテへ。
Coyoteの取材が3泊4日。その後カタログ写真撮影が2泊3日。
今年の仕事は一期一会、ワンチャンス、という認識でやっていたので踏み切れ実現できたように思う。

それにしても今年の春のヨセミテは異常だった。異様な寒さと降り続く雨と雪。
前半の3泊4日はイラストレーターの成瀬洋平くんと写真家の渋谷ゆりさんとトォオルミメドーからJohn Muirトレイルを通ってVogelsangへ。久しぶりの寒いキャンプとなり装備が貧弱で寒すぎて朝起きた。

#Vogelsang #yosemite

翌日は下って下ってミラーレイクまで。焚き火の素敵キャンプ。
#Mercedlake #sunrise #yosemite

#Mercedlake #yosemite

マーセード川にそって焼けた森を越えLittle Yosemite Valleyへ。
#Mercedriver #yosemite

4日は久しぶりの快晴の中、本当のヨセミテバレーへ。観光客が増えてきた。上の方から谷に降りていくのは不思議であり格別な体験であった。
Vernal fall #yosemite #vernallfall #california

次の3日間は写真撮影だったのだが、雪・・・・とにもかくにも全てが濡れた。
Heavy snow on May!! #maylake #yosemite

Just everything get weeeeet! 服も靴もダウン、テント、寝袋、バックパックも全て濡れた。#yosemite

撮影場所をヘッチヘッチーへと変更し、最後に望みを託した最終日も雨。
#Hetchhetchy #yosemite

Hey dude! #Hetchhetchy #yosemite

Mirror in the #mirrorlake #yosemite

天気ばっかりは仕方ないが、それは残酷なもので、帰る日はこれまでない快晴だった。

Good morning Yosemite!! おはようヨセミテ! #halfdome #yosemite #sunrise

Big hug #sequoire #yosemite

Giant #sequoire #yosemite

マリポサグローブを経てサンフランシスコへ。石寺さんのREIに寄って帰路へ。
海外のアウトドア撮影の失敗体験ができ、経験を詰めたのは良かったと思う。