さとなおラボに行きはじめた

自分の意思でシリーズの講座というものに通うのは『SWITCH』のクリエイティブ・ライティング講座以来かな?
コミュニケーションが仕事的にもこの先にも必要だと常日頃痛感している次第で。いろいろな施策を試行錯誤で実施できる環境にいながら、やはり今のままではダメなんではないかと、しっかりとゼロから学ぶ為に毎週水曜日にさとなおオープンラボに通わせてもらうことになった(選考があったので)。

葉山に引越してしまったがために、講座がある水曜日はハラペコ、クタクタ、終電となる。まだ2回しか受けていないけれど、自分が今していることはじつは古いやり方だったんだ、とか。戦略もなく間違っているかもしれない、とか。まだ頭がスッキリせずに混沌とした状態にあるのだけれど、今までみたいに自分だけの手探りの状態ではなく、正しい解を知れるのはとても良いなとすでに思っている。この混沌とした時代の伝え方については大変だなと感じることが多いのだけれど、講座が終わるころには面白い時代だと楽しめるようになるマインドスイッチができているだろうか。

最初に読んだ『グランズウェル』という課題図書の冒頭をコピペして久しぶりの更新は終わりにしてみよう。
「グランズスウェル(ソーシャルネットワークの大きな波)は社会動向だ。人々はテクノロジーを使って自分に必要なものを企業ではなく別の個人から調達するようになっている。その根底にはすべての人間が持っている「繋がりたい」という永遠の欲求がある。」

カテゴリーlife

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です