10年ぶりに・・・

昨日は友人の結婚パーティーがあって、懐かしの面々に会うことができてとてもうれしかった。10年ぶりって友人もいたなあ。みんな変わっているようで、根は変わってなかったりで・・・なんかとても良かった。
それにしても、「日本にいるの!?」とけっこう言われるんだけど、そう、もう6年くらいは日本にいるままだ。

さて、10年ぶりといえば、アドベンチャーレースに10年ぶりに出ることになった。4人チームで、ナビゲーション、MTB、ラフティングをしながら総延長150km先のゴールを目指す。
大会は40日後。体を引き締めて、体力を取り戻すいいキッカケだよ。

富士山登って滑ってきた

fujisan01

5月恒例の富士山スノーボード。
6度目の富士山B.C.にして、2度目の富士吉田口。例年よりも雪が多い状態だと思う。
しかし、一歩でも踏み外したら、おそらく下まで真っ逆さま。一瞬たりとも気が抜く暇がない、カチカチちの斜面だった。

fujisan03

途中くじけて挫折しそうになりながらも、6時間かかってなんとか山頂へ登頂。

fujisan02

肝心の滑降はというと、昼にはゆるむと思っていた斜面がなかなか溶けず、カチカチのアイスバーンを下ることになった。
かなり下部までそのような状態。一度転んだら止まらなくてびびった。

fujisan04

正直登りで直登しすぎて、ふくらはぎ筋を使いすぎてしまった。足に明らかに疲労がたまっているターン。
でも雲海めがけて滑っていくのは本当に気持ちがいいね!
いいシーズン納めでした。


より大きな地図で 富士山BC を表示

↑ルート図(途中GPSがちょっとバグっていますが)

3度目の新島へ

niijima06

東京湾を出向し、横浜へ寄港し三度への新島へ。

niijima01

もちろん波は最高で・・・

niijima04

niijima03

夕焼けは文句なしにキレイで・・・

niijima05

お世話になった、民宿saroも、ゆるい感じがとてもよかった。

niijima02

最後もスローボートで東京まで・・・

鳩山さんがんばって!

テレビも新聞も、週刊誌も、メディアというものがまったくもって好きになれない今日この頃。大手新聞はとる気が起きない。彼らは上に大きなものがあって、その意向に沿って都合のいい真実や事柄を切り取って公開する。
新しい政権がようやくこの国にも生まれ、何かが変われるかもしれない、そういうチャンスや希望をみんなが持てたときに、昔の体制に戻そうと、足をみんなで引っ張っているかのように。

沖縄、普天間の問題を筆頭に、子ども手当や事業仕分け、無駄をなくす、ダムをなくすこと、原発推進のこと。
はっきり言って、今の経過や結果は当初期待していたより、残念なことが多いよ。もっとがんばって欲しいと願うし、「鳩山さんもっとしっかりしてよ、頼むよ。」とも言いたい。ああ情けない、なんたること、と思うことも多々ある。失望だってもちろんある。

だからといって、これほどまでに鳩山さんが叩かれるのはなぜ?という違和感が常にある。
悪口を書いた方が部数が稼げるの?叩いた方が視聴率が伸びるの?いいニュースより悪いニュースのほうがみんな好きなの?でもそんな社会は果たしていい社会なの?

せめてさ、みんなで足を引きずりあわないで、応援してみようよ、褒めようよ、ポジティブな発言をしようよ。保守的で公共事業と借金でこの国の国土と財政をズタズタにしていた前政権がようやく下りた。民主党がいいか悪いか誰もわからないけど、変われるかもしれないという前進がそこにはあるじゃないか。八ッ場ダムのことや、公共事業のこと、これまでだったら想像できなかったチェンジだってあるじゃないか。
もう少し暖かく見守ってみようよ。そりゃー時間はかかるよ。

みんながこぞって、すぐに責任をとって辞めろという。
退陣退陣とメディアがこぞってまくしたてる。
責任をとるというのは辞めることなのか。
一年ごとに国の代表が替わるこの国を国際社会が信頼してくれるのか。
次の人がちょっと失敗したら、また退陣しろと言うのか。
衆議院の任期4年をなんにせよやってみてもらったらいいじゃないか。

そもそも、いったい何の責任なんだ。沖縄から基地を県外移設しようとした。すくなくとも以前に比べたら、それは前進じゃないのか。
沖縄の問題は、5月に解決しなくてもいいと思う。時間をかければいいと思う。みんなでプラスに考えていけるようになるまで、もめばいいと思う。時間はかかるだろう、当たり前だよ。
そりゃあ最近の鳩山さんは、動きが後手後手で、言うことがちょっと情けなかったりもして、不勉強のところもあるかもしれない。
だからといって、5月までに決めないと、退陣だ、というのはいささかオーバーすぎやしないかい。ものすごい赤字の会社を半年で黒字にしなかったら退陣だ、というようなものだ。
沖縄の友人は現状をふがいなく感じながらも、「しかし鳩山さんは唯一総理の立場で県外移設を発言してくれてて、それってこれまでの人に比べたらすごいこと。」と言った。それが大手メディアでは決して流れない、沖縄のもう一つの声だとも思う。
そして名護市長が言っていた、この小さい島、沖縄に新しい基地はもういらない、完全にオーバーキャパシティーだ、ということが確信的な真実だと思っている。

もちろんいろんな意見はあってしかるべきだ。怒ってもいいし、反論してもいい。
だけど、日本全体総ワイドショー的に、まるでクラスで集団いじめをするように、退陣だ、辞めろ、責任を、というのは間違っていると思うのだ。

もっと建設的になろうよ。
誰かを叩くのではなく、不毛なネガティブな論議を続けないで、先を見て、よりよい解決方法やよりよい道をポジティブにみんなで探っていこうよ。悪口は時間の無駄だ。若い子は褒めて伸ばそうよ。
だから鳩山さん、がんばってね!

沖縄に基地はもういらない。
なんとかその方向性でがんばってもらいたい。
なあ、やんばる