Road to Roraima #09 帰路につく

14:30にサンタエレナに戻ってきた。
順調に事が運んで余った一日を何に使おう? グランサバナか、ブラジル往復か、あれこれ。
ただ、カラカスは遥か彼方。クリスマスであれだけ機能不全だった国内交通網を考えると、年末年始も危ないのではと思い出来るだけ移動しておこうとなった。なんとか夜行バスの席をゲットし、まずはシウダーボリバールへ。この13時間のバスがすし詰めのローカルバスで地獄のような苦行。体が疲れていて必然的に眠れたってことが幸いしたが・・・・

IMG_1114

IMG_1113

ボリーバルからは乗り合いタクシーでプエルトラクルスへ。海沿いのリゾートを想像していたらガソリンで汚染されているらしく海は入れなかった。ただ、賑やかで陽気な街だった。ここで年越しとなった。相変わらず街は危険なのでホテルからは出られず、0:00の花火を窓から見るだけとなった。

IMG_1144

IMG_1149

元日はホテル出発のカリブの島々を巡るボートツアーに参加。なんとお昼ごはん付きで800円。こっちはまるでリゾートななかなかキレイな海だった。
エルファロ島にアラポ島、イルカの並走付きのいい一日となった。

IMG_3472

IMG_1264

IMG_3470

IMG_1173

IMG_1229

IMG_1236

カリブ海に日が沈む。今日もSorelaビールとピザで〆る。これにて終了ベネズエラ。
ギアナ高地に4日間。そのためにかけた往復の交通が9日間。なんとも遠かったけれど、時間をかけてくる価値は間違いなくあった。

IMG_1258

IMG_1259

IMG_1261

Road to Roraima #08 さよならギアナ高地

雨は夜中には止み、変わって激しい風となった。
何度かテントを支えていたペグが抜け、外に出て張りなおした。
3:30にまた外に出ると、そこは満点の星空だった。
IMG_3322

IMG_3328

IMG_3337

凛々しいクケナン大地とさっきまで頂上に立っていたロライマが星空の中に黒く居座り圧倒的な存在感をだしていた。白い雲が激しく動く。

そのまま眠ることなく夜明けを待った。空が徐々に明るくなっていく。赤い朝焼けは見られなかったけれど、それでも神々しい景色だった。5:00には絶対出ようと決めていたのに、あまりにも美しく出発は30分以上遅れた。出発しても名残惜しく後ろを振り返っては何枚も何枚も写真を撮った。「ガイドからしたら、こいつらこんなに同じ写真ばっかり撮ってアホか?」状態だったに違いない。数日ぶりに完全に晴れた日。今ロライマの上の大地にいる人々が羨ましかった。

IMG_3347

IMG_3370

それでも、雲一つない空ではなく厚い雲がクケナンとロライマの合間から絶え間なく排出されていく。やはりテプイの上部には常に気流が渦巻いているのであった。

IMG_3395

IMG_3408

テプイに水の保水機能がないというのは以前書いた通り、昨日山の上で振り続けていた豪雨は直接下流に流れ、来るときはくるぶしの深さしかなかったクケナン川は昨日は船で渡る必要が有るほど増水していたらしい。雨がやんだ今日は腿くらいの深さに落ち着いていた。

IMG_1076

写真を撮るために停まってばかりいるせいか、一向にスピードが出なく1st campに着いたのは8:30。そのままほぼ平らな大地を歩いて11:30にトレイルヘッドへ。

テラと地元のビールで祝杯を上げた。
天候がはずれ雨にやられ悔いが残る山行ではあったけれど、それが自然であり、それが時間やタイミングであり、今ここにいれること、来れたことが幸せである。10年以上来てみたかった場所。変わらず旅に出られて、変わらず小さな夢を実現できていることが嬉しいなあと思うのだった。

IMG_3440

IMG_3449

IMG_1079

Road to Roraima #07 待つ、そして待つ

IMG_1036

夕方から降り続いた雨は、こちらの希望も虚しく降り止むこともなく一層激しく降り続いていた。トリプルポイントへ行きたいがため4:30に起きるがとてもじゃないが出発できる天候ではない。6:00に朝食。隣のテントの寺が来て、お茶をしながら晴天を祈る。テーブルマウンテン上部の大地の隙間という隙間が見る見るうちに埋まっていき、ただの水たまりが池のようになってしまった。走れば2−3時間で着くのではないかと思っていたトリプルポイントもこの水浸しでは厳しいだろう。岩から岩へルートを見ながらジャンプして進まければいけない。さて、行くべきかどうか。そんなことを考えながらも時間は刻一刻と過ぎていき、そして雨はやむ気配が全く無かった。

DCIM100GOPROGOPR1143.

横殴りの雨にガスが流れる。12:00まで待っても状況は変わらなかったので残念ながら諦めることとする。14:30、雨の中出発した。来るときに登った滝は濁流のように流れており、道という道が川になっていた。17:00前に無事ベースキャンプに到着。そこでようやく雨が収まってきた。なんとも無情である。

IMG_3312

年末の本格的なホリデーシーズンに入ったのか、とにかくすごい人だった。朝焼けに期待して、早々に寝についた。

Road to Roraima #06 そしてロライマへ

トリプルポイント(3カ国の国境国境)へ行くから早く出ようなと、今日も4:30起床。3:00から激しい雨が降っていた。乾季なので雨はやむだろうとガイドにきくと、止まない雨なので出発するという。6:15、我々は断崖絶壁の壁へと向かいジャングルに入った。遠くから見たらまったく登れる気がしないエルキャピタンのような壁も、急だけれどしっかりとした登山道が作られていた。粘土質なのか、階段はえぐれ、雨で滑りやすくなっていた。激しい滝の下を通ること数回。明らかな落石のあとが無数にあり、足早に進む。とにかく雨が激しく、とくに滝に打たれたのですべてが濡れた。

2時間半後、意外とあっさりとテーブルの上に上がる。とにかく雨が激しく作戦会議。往復8時間かかると言われたトリプルポイントはこの雨だと行けないという。走れば4時間じゃない?などと寺と話すと、「こいつら何言ってやがる」とガイドからは大顰蹙。ひとまずテントをはって様子を見ようとなった。
テーブルの上のキャンプサイトはスペースが限られているらしく、すれ違うポーターたちと情報交換をしていた。サンフランシスコと呼ばれる張り出した岩の下のキャンプサイトに落ち着くことにした。3張りが限度の小さいサイトだったが、雨がほとんどよけれて非常に助かった。濡れたものを乾かし、服を着替え、お茶を沸かして天候の回復を待った。

数時間後、13:00に一時的に青空が見えた。雲の動きはかなり早く、今がチャンスかとこの辺りで最も高いと言われる岩へと上がる。

IMG_3075

IMG_3076

IMG_3094

ロライマの上に厚い雲が乗っていて、動きも早く流動的。

IMG_3103

IMG_3100

それでも2時間は粘っただろうか。完全に晴れ渡り全部が見えた!ついに来た!と我々は歓喜の声を上げた。
まさに、この景色を見に我々はここまでやってきたのだ。このロライマの頂に。

IMG_1041

IMG_3232

IMG_3249

凛々しい隣のクケナンも。その滝も。そして下の大地も川もすべてが見えた。

IMG_3280

IMG_3268

IMG_3282

IMG_3286

そこから違うビューポイントへと散策し、クリスタルや不思議な植物を見てまわった。それにしても不思議な大地だった。この外界から隔離されたまっ平らな頂上に、独自の植生が発達したのだ。コナン・ドイルが失われた大地で想像力豊に描いたように。
こちらは晴れてたら夜の散歩やさっきのビューポイントでの撮影もステキだろうと想像しながら夕方テントサイトに戻ってきた。。

IMG_3296

IMG_3099

IMG_1348

日が沈む。先ほどできた水たまりが闇の中に輝いて良い光景だった。

IMG_3307

希望はかなわず、日の入りとともに雨がふりだしたのであった。

Road to Roraima #05 ロライマ・ベースキャンプ

IMG_1017

いつもどおり早起きし、5:00にBackpacker’sへと向かう。ベネズエラに来てから毎朝4:00台に起きている我々は、遊びにおいてはほんと真面目で勤勉である(笑)。帰りの時間などについて一通り揉めて、また疲れてから出発する。ガイドは28歳のヒルベルトと言った。4WDのランドクルーザーに乗ってグランサバナを北へ小一時間ほど戻り、サンイグナシオからオフロードへ。ところどころ道路に亀裂が入っているひどい道だった。
遠くにロライマ・テプイとクケナン・テプイが見えてきてテンションが上がる。

IMG_1060

IMG_2850

IMG_2893

だいぶ大地をあがったところにサンフランシスコという小さな村があった。数台の四輪駆動車が停まっていてトレッカーもチラホラ。800人が住むというこの村には、ポーターがたくさんいて、彼らは手で編んだようなかごにクロックスもどきのサンダル。大人の男性も女性も、子どもや自転車のポーターもいた。
受付をすませ7:45に出発した。ここに至るまでに日本から100時間、いよいよである。

IMG_2896

広大な大草原の中を進む一本道。ガイドはいい加減で、先に行っててと言ったきり一向にやってこない。遠くに雲に覆われたロライマが見えてテンションが上がる。

IMG_2907

IMG_2926

IMG_2928

久しぶりの60Lのバックパックが肩にずっしりと食い込む。第一キャンプ場まで3時間半。
キャンプ場は日当たりがよく、ここで日中を過ごすの厳しそうだ。近くの川で一息ついて昨日サンタエレナで買ってきたぶどうパンを食べた。靴下を脱いで裾をまくるとブヨみたいな虫が沢山寄ってくるではないか。チクリと刺すところもまるでブヨ。やっと追いついてきたガイドにきくとプイプイと呼ばれる虫らしく、川の近くに生息するという。あとで気がつくと50箇所は刺されていて、数日間痒みが残った。

IMG_2939

IMG_2941

IMG_2951

ここから徐々に登っていく。天気も悪く、途中雨に降られカッパとザックカバーをだすが一時的だったみたいだ。
「ダラダラと長い道で退屈だねえ〜」と寺と話す。遠くにロライマは見える、近づいてきているものの山は雲の中で、道も景色も単調だった。
それでもベースキャンプに近づくとテンションが上がった。さっきまで雨を降らしていた雲はなくなり、視界が開けたのだ。

IMG_2971

IMG_2983

IMG_2995

IMG_3021

IMG_3008

見晴らしのいい岩の上に座り、眼下の芝のように緑で美しい風景を眺めた。川がテプイの周りを蛇行し、太陽があたったグリーンがなんとも言えない。
Camp1から4時間、まさにロライマ山の壁の真下にベースキャンプはあった。キャンプ場には40人くらいいただろうか。見晴らしがいい場所にテントを張り、川に行水に行ったが、すでに夕方で気温も低く手足を洗っただけで終わった。清流を汲み、ウィスパーライトに火をつけブラックライトで湯を沸かす。マジックアワーがやってきて、ため息しか出ない。

IMG_1030

IMG_3039

ロライマ山に陽が当たる。
となりのクケナン・テプイは男らしい黒い岩肌が雲の中。
眼下はすべてグランサバナだった。一面のサバンナの中に川が白く光っていた。

IMG_1031

IMG_3061

IMG_1032

日が沈むとホタルが現れた。

IMG_1034