利尻岳滑降 -1- ポン山

フェリーから降りて、スキーヤー・スノーボーダー御用達の宿、レラモシリへと向かう。届いている荷物を開けて、ウェアを身につけバックカントリーの準備をして宿を出たのが9:15。昨日の夜に出発したばかりなのに、ちょうど始業の時間くらいにはこの最果ての地で滑る用意ができているという不思議。

今日は北斜面。頂上アタックの可能性もあるということで、クライミングハーネスを身につける。これから3日間は、利尻島に1人しかいないという唯一無二の山岳ガイド渡辺さんにガイドを依頼してあった。
北側の道路を上がり、野営場の道のドン付きまで車でのアプローチ。そしてそこからは、利尻ならではのスノーモービルでの移動。

ほぼフラットの移動なのだけれど、これで2時間くらいの歩行時間を短縮できるという。
斜面の取り付き部分から歩行開始。船では頂上が見えていたのに、急にガスってしまって何も見えなくなった。そんな中、とりあえず1時間ほど、800m地点まで上がるが周囲はまったく見えないまま。このままでは上部の急斜面は滑れないし、上部に行ってもこれだと、板を担いで移動することになるということで、ひとまず降りることになった。

全く見えないので、まるで無重力の中を滑っているような、船酔い状態の滑降。

なんとかモービルまでたどり着き、場所を変えてポン山というポイントに向かうことに。
ポンとはアイヌ語で低い山らしい。その名の通り、低い。そしてガスはない。

ポン山を登り、まずは上部から東寄りの斜面を一発。気温が低いためか、板がよく走るし、斜面もそこそこあって非常に気持ち良い。そこから登り返しとなるが、海の見える気持ちい登り。いやー、なんて景色だ。
ポン山頂上へあがると、さっきまでのガスは飛び、利尻岳の山頂が一瞬見えた。

ここからは北斜面を滑る。斜度もあるし、眼下は海。低い山のくせに、かなり最高のシュート。

憧れの大斜面を滑降とはならなかったけど、横浜を出た翌日に利尻の山中を滑れているわけだし、天気は悪くはないし、斜面も雪も最高と、いい滑り出しとなった。

温泉入って、夜は居酒屋こぶしで海の幸。これはバチがあたるよな、きっと、と誰もが思ったのであった。

利尻島へ (序章)

年末に、なぜか利尻に行ってみたいと思った。妙高でも白馬でも、普通の北海道とも違う未知の場所へ、それも自分が試されるような場所へ行ってみたいと思ったんだ。ツアーにポンっとお気軽にのるのもいいけれど、旅人としては自分で調べて自分で決めたいと思った。それから、飛行機を予約し、バスを確保し、フェリーを調べ、宿をとってガイドさんを探した。

こんなわがままな自分のノリに、2つ返事で「いいな、行こうぜ」と言ってくれる仲間がいるのは本当に幸福なことだと思う。もちろん行かせてくれる家族もだ。

そんなこんなで、日本最北の巨人を目指すこととなった。木・金と有給を頂き、水曜日に仕事をちょっとだけ早く上がって、会社から走って一分のバス停へ向かう。羽田までは25分。チェックインして、ビールを買って、すぐに搭乗開始だ。

新千歳に着いたのは20:30、54分の特急に乗り札幌へ。旧友が駅まで迎えに来てくれて、お決まりの札幌ラーメンを食べて、すぐにお別れ。大通りバスセンター発、23:00の稚内行きのバスに乗る。3列シートで快適なバスは、ビールのおかげもあってすぐに眠りにつき起きると稚内に着いていた。ここは本州最北の地。

そのまま6:40のフェリーに乗る。

ノシャップ岬を回りこみ、姿を現すは洋上アルプス利尻岳。頂きは1,721m、その標高差はもちろん1,721m、想像よりも遥かにでかく、逞しい。あの高く遠い頂きに、果たして立てるのだろうか。

8:20 利尻島に着く。予定ではガイドさんが待っていてくれているはずだった。あの人だ!と全員一致で声を発してしまったくらい真っ黒に日焼けした人がいた。それが、これから4日間お世話になる、無邪気な顔をした渡辺さんだった。

八甲田 Day3

東北トリップ Day4、最終日。
この4日間、欲を出してよく遊んだ。最終日はもっと欲深く、酸ヶ湯から高田大岳を目指すことに。
八甲田の周回ルートが開いていないこの時期としては、酸ヶ湯から高田へ向かう人はきっといない。普通は谷地温泉に降りると思うのだけれど、谷地温泉にはJRバスも停まってくれないのだから。

2日目と同じように仙人岱避難小屋方面へと向かう。
今日はここに来てから初めて天気が良く、八甲田らしい景色が見渡せる。1時間半でサクリと小屋に到着。木々の造形がキレイである。まだ真冬の形を保っているし、かろうじて樹氷風の木々もある。

硫黄岳のずばーーーーんとした斜面がかなり魅力的で、前回来たときに滑ったのを思い出した。本当はこういうの斜面を楽しむべきなんだろうけれど、今日のコースはスキーでもないのに結構な距離なので、まずは高田大岳を目指さねばならない。

小岳は巻いて、その稜線へ。高田大岳へと続くコルへとしばしのダウンヒル。

途中前が見えなくなって、そこは絶壁の雪庇で、びっくりしてゆっくりとボードを脱いで戻った。

高田大岳へと続く尾根は、まるで木の迷路。

それはそれでおもしろいし美しいのだけれど、果たしてここを下れるのだろうか、という疑問が残る。最後の50m、遠くからはげ山に見えた部分はハイマツだった。カリンカリン。

頂上に立つと、八甲田山塊すべてが見渡せて、それはそれは気分が良い。ここまで来られてよかったなーと心から思う。ここまで誰にも会わず、誰も見かけず、八甲田山塊独占状態だったのだけれど、頂上には5人くらいの人。聞くと谷地温泉からのピストンだという。なるほどね。2時間かからず、来れるんだと。

「ケンガイですかー?」と聞かれたので「携帯ですか?通じてます」というと、青森県外か県内の人かという意味だった。きっとこんなとこに今の時期に来るのは県内な方なのだろう。

谷地温泉におりようかと一瞬迷ったが、やはり八甲田を満喫するために、あえて酸ヶ湯にループで戻ろうとなった。土地勘も染みこませておきたいし。来た道を戻るが、ハイマツ氷地帯は滑ることができないので、スノーシューで下る(トホホ)。それにしてもすごい風。天気がよかったのは束の間で、あっというまに白くなってしまい、いつもの八甲田に戻ったのであった。

樹林帯からはスノーボードを履く。ポールを手に持って、木の間をくぐり抜ける。障害物競走のようで楽しい。木々を抜けたらオープンな斜面を数ターン。いやー、気持ちいい!!

小岳へのコルから小岳山頂へ。そこから大岳方面へと下る。これまた短い下りだが楽しい。

そこからはぐるっと大岳を回り、コルまでちょっとしたアップをして、またぐるっと大岳を回り込み、酸ヶ湯への本日最長の下り。それにしても八甲田はなだらかだなあ〜、やはりスキー向きだね。

吹きだまりには新雪が残り、この時期にしてちょいパウダー。

7:30に出発して15:30まで。八甲田山を満喫して、よく触れ合い、この山を良くしれた日々となった。

↓今日のコース

青森へレンタカーで降り、夜行バスで東京へ。早朝に着き、そのまま仕事。あー、眠かった。

———————————————–
●● トラベルメモ ●●
自走してもいいけれど、800kmは半端じゃないので、やっぱり公共交通機関をつかったほうが楽だなと実感。(若い頃は下道で往復したこともあった・・・)

新幹線と飛行機はやはり高いので、バスがリーズナブル。ゲートシティーは青森となる。
若ければ、弘南バスがペアで片道4000円と激安だけど、もうそこまで若くないよねと、JRバスを選択。往復割引で片道7500円なので、リーズナブルだと思う。3列シートだしまあまあ寝れる。
行きは8:00に青森に着き、帰りは21:00発の東京6:30着。

レンタカーはワンズレンタカー。4WDのステーションワゴンは5000円/日、キューブクラスはもっと安い。

夜行を駆使すれば意外と近くて安いなーと思った八甲田であった。