利尻滑降 -3- 東斜面

つねに風が吹き荒れる洋上アルプス利尻。昨日と一昨日の無風状態は相当ラッキーだったらしい。
今日は風が吹くらしいので、強風を避けられるという東斜面へ。

海っペタからは、利尻お決まりのスノーモービルスタイル。しかも今日は牽引型。お陰でうでがパンパン。でも楽しかった。

350mくらいのところからハイクアップ開始。
今日も海がズバーンと見えて、登っているだけで本当に気持ちが良い。

標高1,000m付近で、ガイドの敏也さんおすすめの状態のいい沢があったので、滑ることに。
斜度もあって、ビバパウダー!

時間もあるので、沢をもう少し上まで登り返し。

程よくあがって、斜面を選んで、広大な沢城地形を遥か下までロングクルージング。
スピードがガンガン上がる。

今日も満足、納得のいくライディング。
今シーズン、ずっとうまく滑れないなーと思い続けていて、もっとうまく滑りたいと思っていたけれど、シーズン最後で自分の滑りに満足できたというか。スピードも出せ、コントロールも出き、自分の望むラインを滑れて、それが良かったなとしみじみと思ったのであった。

春までもっとたくさん滑りたいと思っていたけれど、もういいかもしれない、満足、と思えるほどに最高の3日間だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です