2016ふりかえり

12月28日、午後は半休にして仕事を納める。家で「写真未整理」というフォルダを整理していたら、生産性がなさすぎて悶々としてきた。その作業は正月の宿題として、少しは意義がありそうな今年のふりかえりをしてみたいと思う。相変わらず、どこへ行って何をしたか、という振り返りだけになるが。

●2016年1月
そうだった会社を13日間休んで南米はベネズエラに行っていたのであった。目的はギアナ高地のロライマ山登頂。
http://www.tabibum.com/blog/?cat=48

IMG_3449

月末には立科YHに息子と一緒にスキー旅行に出かけたみたいだ。

●2016年2月
ニセコモイワのウッドペッカーズに泊まっておなじみのメンツで5日間のスノートリップ。しかし北海道なのに雨だった・・・
http://www.tabibum.com/blog/?p=4112

IMG_1774

その後10日と経たないうちに三世代旅行でハワイのホノルルへ。書いてるだけで、何このやり過ぎ感。

IMG_3512

●2016年3月
月初までハワイ。仕事が超絶忙しい時期なので、週末は寺とスキーに行ったくらいかな。

●2016年4月
仕事でonyourmakメンバーと阿蘇と久住のランニングトリップ。
http://mag.onyourmark.jp/2016/06/campandrun01/93476

IMG_2880

この月から子どもたちと月一キャンプをしようと決めて、第一弾として田貫湖に行った。
IMG_2956

仕事では原宿のフラッグシップオープンや広告企画などでテンヤワンヤだった模様。
ただ、休日出勤の代休を当て平日山行を企てる。雪が少なすぎてスノーボードらしい滑りができていなかったので、真也と富士山に滑りに行こうとしたのだが、前日に滑落の死者が出たのでトレランに切り替え。蓼科山へ向かったが、まさかの雪で大変な目にあった。相変わらずいつも大変(笑)

IMG_3010

●2016年5月
GWの長期休暇はとらずに、子供の日から出張となった。行き先はなんとアラスカ。今年最も幸せな仕事だったと思う。
大好きな雑誌『Coyote』の星野道夫特集号にて、10Pタイアップの同行。成瀬洋平くんと編集者の足立さん、カメラマンの間部さんと4人でシアトル経由でジュノーへ。星野さんの盟友リン・スクーラーさんの自宅に泊めていただき、その後悠久の森へバックパッキングトリップ。フィヨルドを進むフェリーにてシトカへ。星野さんのトーテムポールを見て近くの山へと登った。星野道夫さんとは自分にとって一体どんな存在だったのだろうか。行く前に雑誌や本を読み返し、ガイアシンフォニーを観返し、自分をも見つめ直した、そんな贅沢な時間が忙しさの最中にあったように思う。また別のときにまとめられるといいな。

http://www.switch-store.net/SHOP/CO0059.html

SONY DSC

帰ってすぐに東海自然歩道を一撃で走破しようとしている石川弘樹の応援に遥と向かった。このオトコはなぜ走り続けているのか、息子にはさぞかし不思議だったに違いない。今でもその記憶は息子のどこかに刻まれているみたいだ。

5月のキャンプは浩庵キャンプ場へ行き、その後パノラマ台へと登った。
IMG_3576
下旬には今年お気に入りスポットとなった葉山公園で海開き。

●2016年6月
学生時代の親友が引っ越す前に静岡に来いと何度も誘うので、仕方なく(笑)深夜に泊まりに行き、小雨の中、達磨山に登った。

アラスカの心の整理がつかぬまま10日にはNYCへ。ファッションシュートとビデオ撮影が目的。ドライバーもしてディレクションもして、かつ通常業務の仕事が日本からやってくるので、多忙を極めスキマ時間を作ることがほぼできなかったけれど、面白い旅だった。

6月のキャンプはさくっと遥と二人で三戸浜で海キャンプ。
IMG_4059

キャンプ以外にも葉山公園に仲良し家族でデイキャンプをした。

●2016年7月
NYから帰ってきて2週間と経たずに、アメリカのジャクソンホールへ。
onyourmakの今年の特集の最後を飾るイエローストーンとグランドティトンへの旅だった。キャンプをしながらトレイルランニングをする。3年目となり、メンバーとの呼吸もあい、いいアウトプットを皆で同じ方向を向いて作ろうとしている。そんな恵まれている時間を過ごした。

http://mag.onyourmark.jp/2016/08/runandcamp03/96372

IMG_4573

旅から帰ってきてから遥とユーシン渓谷へと出かけた。

その翌週は恒例のキャンプへ。今回は清水の黒川で実施したんだけど、どんどん家族が増えてきてすごいことになってきた。

FullSizeRender

月末には香港の支社の人をアテンドして塔ノ岳へ。
IMG_4809

●2016年8月
この数年、夏に島で銛突きをするのが恒例になっているのだが、去年から親子参加もありとなってきている。今年の夏は怪しい探検隊に出てくる粟島に行くことになった。ハルが高熱を直前に出し、予定より一日遅れての出発。しかも初日は38度のまま島に上陸という厳しい状況だった。その後回復し、みんなでかつてない大物をゲットしまくるという機会にも恵まれた。とても楽しかったけれど東北の渋い島な感じだったので、来年はリゾートの三宅島に戻りそうな予感。

三浦の隠れビーチに日帰りで行った。
IMG_4876

20日にはファストパッキングスタイルで夜行バスで白馬岳へと向かう。不帰キレットの直前で天候が崩れてきて、安牌をとって下山することにした。
IMG_5254

家族で星野道夫展へ。

●2016年9月
6日間の夏休み、ハルと沖縄への二人旅、座間味へ。とにかく最高だったので毎年実施したいと思ったレベル。
http://www.tabibum.com/blog/?p=4325

IMG_5372

父の古希祝いの三世代旅行@熱海が開催された。
信越五岳や斑尾など、トレイルレースへの出展があり、休日出勤が続くので、代休をエイっと使い6日間の北海道家族旅行へ。旭山動物園から大雪山、釧路湿原を周る。

FullSizeRender

●2016年10月
今年は仕事ではいろいろ行っているものの、自分的チャレンジや遠征ができていないのではないかとふと思い、台湾の山にハラペコ探検隊で向かうことになった。すごい天気だった。今年は雨男だな。
http://www.tabibum.com/blog/?cat=50

DCIM100GOPROGOPR1542.

月末にかけてサンディエゴへ出張。ジョシュア・ツリーやSalvation Mountainなどを周る。これまた猛烈に忙しくて息をつく暇もなかったけれど、皆がホテルに泊まる中、ジェリーさんとジョシュア・ツリーに泊まって朝焼けを見れたのはいい思い出。
IMG_6802

●2016年11月
さすがに息切れしてきて、家にしばらくいたいなと。
休日は子どもたちと公園で遊んだり、海の近くで家探しなどをして過ごした。
修行走というトレイルレースに出るためこまめに100kmくらい走り、振替休日に大山に一人で向かった。
IMG_6855

遥の七五三をして、法事でいわき市へと行き、身延の修行走へ出かけた。
http://www.tabibum.com/blog/?p=4445

●2016年12月
「キャンプ行かないの?」という遥の言葉にハッとする。月一キャンプはどうした?9月に北海道と沖縄でキャンプしまくって、10月には自分は台湾とジョシュア・ツリーでキャンプをしていたので満足しきってしまっていた。行きたい、と彼が言うので二人なら寒くても平気だろうと田貫湖へキャンプへ。よく行くホームグラウンドとも言えるべきキャンプ場があると、そこでしか感じられない四季の変化やわが子の成長があるな、と思った次第。
IMG_7106

今年は雪の降り出しが早いので18日に苗場にてシーズンイン。

お世話になったいろいろな方々と忘年会した。
明日12月29日からは八ヶ岳へ3泊4日の旅行へと出かける予定。

ーーーーーーーーーーーー
さくっと整理してみようと思ったらぜんぜんサクッとできなかった。振り返ってみると相変わらずとにかく人に恵まれ、仕事の機会にも今年は恵まれ、それを許容してくれる家族にも恵まれている。なにが現状不満を引き起こしているのだと、無い物ねだり感を自問自答したくなる。それにしても、これって今年だったんだろうか、あれもこれも?というくらい色々なことがあり、次へ次へと突き進んでしまった。この経験や体験から自分は何を得ているのか。それが噛み砕けていないから、すべてがバラバラのピースでまとまりがなさすぎるから、もわっとした感情を持ってしまって消化不良感があるのではないかと思う。仕事、家族、そして諦めきれない自分の欲望、と三つが絡まりあって、すべてを優先させようとするからきっとこうなっている。もう少し落ち着いてふりかえり、経験を染み込ませて自分のものとしてから次へとできるといいんじゃないかな。iTunesに音楽を入れすぎてしまって、どの音楽が好きだったのか、あんな曲もあったな、どうやって取り出すんだったけな、という感覚にちょっと似てるなと今思った。いやー、なんかすごい一年だった。

カテゴリー: life, works   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>