スリランカ親子旅 5 最終目的地ゴールへ

名前に惹かれたのか、最後はここに行きたいと向かったのは「ゴール」と呼ばれる街だった。
東海岸のトリンコマリーにいたときからそのように言うので、本当に行きたいのかもしれないし、遠いけど行ってみるかなと。

キャンディーからわざわざ電車に乗って首都コロンボへ。バスのほうがよっぽど早いのだけれど、移動できる電車、車には見られない車窓からの景色、電車から見る人々の営みや移動している車内のローカルを見るのが好き。コロンボからはバス停でバスを探し、今度はめずらしくエアコンバスに乗れた。なかなか早かったけれど、ゴールまでは3時間以上かかった。すなわち朝からまた7時間くらいの移動時間となった。コロンボからゴールへの海岸線は断続的にリゾートのようなホテルやゲストハウスが続き、サーフィンの看板もちらほら。季節的にこの海岸線はサーフシーズンではないけれど、サーファーだったらスリランカは一向に飽きることない素敵な場所なんだろうな。

ゴールに着くと、騒がしいバスターミナルを過ぎて突き出した半島が城壁に囲まれている旧市街の世界遺産地区へと向かった。今日の宿はこの中にある。世界遺産の中に泊まれるなんて最高じゃないか。こじんまりとした旧市街は城壁に沿って歩くだけで楽しく、とにかくフォトジェニックだった。アイスを食べながらのんびりと半周するも、今日も泳ぎたいと言われてローカルに混ざって海へとはいった。

夕日がとてもきれいだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です