立山バックカントリースノーボード DAY3

おそらくこんなに雪かきしたのは、この山行が最大ではないだろうか。
雪山にはヒルバーグは適さないのであろう。日本の湿った雪は重いので、天井がすぐ潰れてしまうのだ。

1日動いて疲れきってテントに戻ってくると、我らの今日の家はぺしゃんこに潰れていた。
疲れて休みたい体に鞭を打ち、2時間ほど雪かきをする。へとへとである。

食事用テント、HEX3に移動し、なべ。
鍋が終わりテントに戻るとまた潰れていた。

雪が降る。
雪かきをしてもいくらでもすぐ積もる。
1時間ほど雪かきをして、眠りについた。

12:00。雪の量は半端ない量に。
モンチのテントは入り口がすべて埋められ、出られないほどになっていた。

全員外に出て、深夜の雪かき大合戦。掘って掘って掘る。でも積っては積もる。

その繰り返しだ。
まつ毛が凍り、眉毛が凍り。目が見えん!

なんと3時間。僕らは雪をかき続けることとなったのだ。
テントに再び入ったのは朝の3:30。雪はまだ降っていた。

埋もれたテント(朝)

埋もれたテント(朝)

6:00。起きるとテントは再び埋もれている。
かなり降っているので滑るのはあきらめ、帰ることに。
そこからまた2時間。僕らは雪をかいていた。ようやくテントをすべて出しきり、撤収の準備。

すると、なんと!!
スノボの板が見つからないではないか!

どうやら風で飛ばされてしまったらしい。
飛ばされて谷に落ちたのか、すぐ側にあるのに埋もれているのかはわからない。

でもこんなかたちでAURAと別れることとなってしまった。悲しい・・・

吹雪の中、歩いた。希望の室道ターミナル。
今シーズンの始まりである。

ターミナル前でメンバーと

ターミナル前でメンバーと

片付け

片付け

現実世界への帰還

現実世界への帰還

カテゴリーsnow

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です