あじき路地

ひょんなことからたどり着いた、東山のあじき路地。
町屋を改築した家々に、若きクリエイターなどが集まる活気ある場所。

土日限定の「つきあかり」というカフェがあります。おすすめです。

kyoto24

kyoto23

kyoto22

行きは夜行バスで京都まで行ったのだけど、あまりにも着くのが早朝で、ねることもままならないし、夜行バスの距離ではないのだなとおもった。
なので帰りは新幹線。
12,000円とちょっと高いけど、夜行バスとの差は3,500円だけ。

のぞみで新横浜までたったの2時間ジャスト。それも10分おきに出ている。
あまりにも近い京都。

でも、この距離感は、世の中のでき方が何かが間違っているのではないかという疑問を抱かせた。

雨の”高桐院”

雨が降っていた。
宿の主人が「雨なら庭ですよ、高桐院がおすすめです」
とのこと。

JRのCMで初回に取り上げられた場所らしい。
行ってみると、どこかで見た光景。おそらく、13年前に来たのではないかな、と思った。
ぼけーっと2時間くらい畳に座っていた。
観光は急がないのがいいと思う。

kyoto10

kyoto11

kyoto12

kyoto13

kyoto14

kyoto15

小世界旅社

アフリカで出会った旅人、エリちゃんの友人が営むゲストハウス。
それは、北大路にある。
堀川通りを超えて、教会の近くの路地を入ったところ。

kyoto04

kyoto05

町屋を改築した、とてもとても素敵な空間だった。

kyoto06

夜、広間からタンザニアのリンバの音色が聞こえていた。「ポロン、ポロロン♪」

kyoto07

kyoto08

kyoto09

京都を訪れた際はぜひ。
小世界旅社

京都駅

京都駅!
いつ間にこんなに巨大でメカみたいに!

kyoto02

「京都に似合わない」と誰かが言っていた。
町にあわせるのが建築でしょ、と。でも、もはや京都の町自体が、東京のような発展の仕方をしてると思われる。コンクリートで秩序無きビルの乱立。

kyoto03

意外と違和感は無いかも。
これまた13年ぶりの京都は、彼女に振られて一人旅に来たとき以来。どうも振られると旅行に出るらしい・・・

駅の改札を入るときに、「ありがとう!」と駅員さんが言ってくれるのが、印象的、それがなんかいいな〜。

写真は真実を伝えられているか

ちょっと毒かなあ。

すばらしい写真が好きだ。
写真を撮るのも好きだ。
National Geographicで掲載されたような、すばらしい秘境・辺境に行くのも好きだ。

写真家は美しいモノを写す。
もちろん、その方が感動するし、ぐっと心に残る。
それでいいと思う。

でも良いところや、悲惨なところ、強調したいことにフォーカスしすぎて、もしかしたら真実を伝え切れていないのでは、と思うことも多々ある。

僕だって、写真を撮るときは、ファインダーの中に、醜いものが入らないように工夫する。電線はとるし、人は入れないし、ゴミだってはぶく。
たとえ、すばらしすぎる景色の隣に、見た目的にひどい場所があったとしても、だ。

針江大川が琵琶湖に注ぐ場所を見に行った。
今森さんの写真では、そこは草木がモリモリとし、川幅が広がり、うっそうとするような素敵な自然の景色。

こんな場所だ。
harie24

harie25

harie26

美しい場所。
写真を見たら来たくなるかもしれない。
すごい自然豊かな田舎を想像するかもしれない。

が、しかし、もしもこの写真に写っていない場所も見えていたら、果たしてここに来たくなっただろうか、と思うのだ。

リゾート会社なのかわからないけど、この地区は完全に開発の中にいた。
後ろを振り向くと、アメリカンなログハウスだらけだったらどう感じるだろう。
「風車ニュータウン」という名前のリゾート地。異様な開発で、まるで日本には似つかわしくないログハウスが建ち並ぶ奇妙な光景だ。

果たして、
写真は真実を伝えられているのか、
と思うのだ。

針江地区の取り組み

針江地区では結構、粋な取り組みがされていた。

harie21

琵琶湖を農業排水から守ろうという試みだ。
ちなみに、ここには日本で最初にGMO(遺伝子組み換え作物)フリー宣言をした地区でもある。
それは針江のんきぃふぁーむに詳しい。

harie23

農業改良組合が行う面白い試み。これは全国的にやっているのかもしれないけど。
いまや、専業農家が多いいので、百万円単位する田植えの機械など、所有が難しいのだ。そこで、組合に依頼すると、耕起から代掻き、田植えまで、機械を所有してくれる人に一定の金額でやってもらえるそう。上記は一反あたりの価格らしい。

でもこれは、いいアイデアだよなあ〜
まるで車をシェアするカーシェアリングのような。
これだったら、田んぼを所有したい。

針江のかばた

harie18

水のある町が好きだ。
今のところ、水の町で思い浮かべるのは岐阜の郡上八幡。

一昨年つくっていた『みずものがたり』という書籍で、この針江を取り上げた。敬愛する今森光彦さんの記事だった。
今森さんは、すばらしい里山の写真をいくつも撮っていて、それは結構彼が住んでいる滋賀のものが多いらしく。常日頃、滋賀はたいそうポテンシャルを秘めてるなあと思っていた。
そこで、この記事。
いつか行こうと思っていた。
そして来た。

皮肉にも、今森さんが2004年に撮ったNHKの針江の特番のおかげで、すっかり有名になってしまったらしく、そのとき以来観光地でもないのに、大勢の人が大挙するようになったのだとか。
生活と密着してた「かばた」にも見知らぬ人が土足でどかどか入る始末。危機を感じた地元の人が、ガイドの協会みたいなものを立ち上げ、有志でガイドを始めて今に至る。
ガイドツアーは8,000名に実施したという。
今回はこれに参加した。1人1,000円で1時間半。
10:30 / 13:00 / 15:00 と一日三回実施されている。
先々週に「素敵な宇宙船地球号」で放送されてしまったらしく、結構な人が参加していた。

harie08

針江地区は、生水の郷と呼ばれ、至る所に水路がある素敵なところ。
小さい水路が集合して、中規模の川になり、その「針江大川」が地域の中心を流れている。比良山系のわき水が川の水の7割を占め、水温は一年中16℃〜17℃。

harie09

梅花藻の群生地帯で、水はすこぶる綺麗。鯉が5月〜6月は産卵に琵琶湖から上がり、その後、鮎も鱒も来る。
50年前に稲を筏で運んでいたと言われる水路は、今ではもっぱら地元の子どもたちの遊び場だ。

この地域で家庭から湧き出ている水は107箇所。
主に鉄管を20mくらい地中に埋め込み、そこから13℃の地下水が湧き上がっているのだ。

その水を家庭で利用して来たのが「かばた」と言われる場所。
「かばた」には2種類あって、「外かばた」と「内かばた」がある。用途としては一緒だけど、玄関の外にあるのか、中にあるのか、その違いだ。

今でも、結構な家庭で、その「かばた」が現役で利用されているのが、この地区のすごいところなのだと思う。

以下にいろんな「かばた」を紹介しよう。

harie11

Aさんのかばた。これがいわゆる「外かばた」

harie10

鉄管があるところが「もと池」、次が「つぼ池」、ここで野菜を冷やしたりする。そして最後に「はた池」。ここでは鯉を飼っている。

harie12

ちょっと驚いたのが、鯉を飼っているということ。
水路で町中が繋がっているから、鯉や魚は出入り自由かと思っていたら、自分の家の鯉は自分の家の鯉で、逃げられないように、外からも入ってこれないようになっている。
この鯉がすばらしいシステムで、残飯やカレーの鍋でもこの「はた池」に入れておくとすっかり綺麗にしてくれるのだという。
鯉が浄化システムとなり、水を汚さない仕組みになっているのだ。

一年中水温が同じで、地下水で低いため、夏はかばた自体がひんやりとしているのだそう。だから、今では冷蔵庫にしまう「ぬか床」もここにおいてある家が多いとのこと。

Bさんの「かばた」。こちらも「外かばた」。

harie14

harie15

Cさんの「かばた」。
これは「内かばた」。
harie16

野菜が冷やしてありました。

harie17

Dさんの「かばた」。これも「内かばた」。
手入れが行き届いていて非常にきれい。

harie181

外でも野菜が冷やしたありました。

harie19

家の外壁は、焼いた杉板のところが多いのだけど。炭と一緒で除湿効果があるので、水が多くて湿気たところには最適な昔ながらの知恵だという。
値段は普通の建材の3倍するとも言われていたが、100年くらい持つとの話。

harie20

針江は昔ながらの知恵が根付く、よき日本が残るところだった。

滋賀県、針江

京都から湖西線を北上し、鈍行で約1時間。
所々見られる棚田がとても美しい。いっそ途中下車して、その棚田を歩こうと思ったほどだ。

「新旭」で降りる。滋賀県高島市。
駅前にはコンビニもなく、がらーんとした田舎駅。

harie01

超田舎なワケではなく、意外とまあまあ栄えている。
酒造会社に、撚糸工場、パルプの工場のようなものもあり、水が豊富で工業も栄えてきたのだろう。
田んぼがたくさんあり、水がいたるところに流れている。
水が豊富で町並みは美しかった。

harie07

harie02

harie03

↑民家のポスター。
こんなの初めて見た。
中立!?

harie04

harie05

harie06