奈女沢バックカントリー (川場裏)

川場スキー場の裏に、ちょこっとハイクアップするだけでいいところがあるらしい、ということになって朝3:30に起きて向かった先は沼田I.C.。渋沢から徐々に雨は雪に変わり、スキー場が近づくにつれ、おー積もってる積もってる。今日はパウダーは期待してなかったんだけど、もしかして?

スキー場でエーちゃんに合流して、タカと3人でまずはゲレンデパウダーをいただくことに。3月にしてはとてもいい雪だったと思う。しかも3月だからなのか、場所柄なのか、ガツガツしている人がいない。

あらかた満足した後、車からBC道具一式を出して、裏山へと向かう。
最上部リフトから、剣が峰へと向かう稜線にとりつく。一昨日までの、解けて固まった層の上に、昨日と今朝の降雪が30cmくらい乗っていて、ちょっと急な斜面を切ると雪がずれる。上部の急な斜面に行ったら、危ないかもしれないねという話になり、ほどよい斜面でドロップした。

最初は気持ちがいい斜面、でもすぐにトラバース気味に横に移動し、超えなければ行けないコルの下に着く。ここから違う稜線までの沢の横断も、たいした斜度じゃないけど、一人が横切ると斜面の雪が全部雪崩れた。うーん・・・・
予想外のパウダーラッセルを経て、ようやく正面に奈女沢を望む。

本日一番(唯一?)の、気持ちのいいライド。ちょいオープンバーン。一人づつ、みんな奇声をあげながら、滑った。気持ちよかったー。

そこから沢は次第に狭くなり、狭くなり。雪は重くなり・・・・ボードは止まる。テレ組に先行してもらい、ひたすら左斜面をトラバース。その後、板を外してラッセルラッセル。コルを抜けて、沢を渡って、ゲレンデへ。

気軽なゲレンデ裏、と思っていたバックカントリーは、以外と疲れた割には得る斜面の少ないコースだった。
気に入れば何度もこれそうな近さと気軽さをイメージしていただけに、新定番の発掘はならずといった感じ。ただ、新しいフィードに行くことに意味があるし、運動はやはり心地いいし、昨日から雪崩れたらやだなあとちょっとドキドキしながらの無事の帰還は、生きている実感をより高めてくれるものだなあ、としみじみと感じたのであった。

コース↓

奈女沢バックカントリー


EveryTrail – Find trail maps for California and beyond

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です