“Vamos! España” スペイン家族旅 2 -バルセロナに到着-

バルセロナで何をしたのか、備忘録的なまとめ。

8/23 fri. 夜の羽田空港を出発。北京経由のAir China。本当にStar Alianceに加入しているの?というくらいボロくてびっくりする。いろいろとひどかった。北京で深夜に3時間くらいのトランジット。それから12時間の長い旅路。本当はドイツ系やオランダ系の航空会社の方が良かったけれど、それらは航空券だけで家族で60万円。一方こちらは全部で36万円と破格であった。

朝、無事にスペインのバルセロナに到着。お金をおろして、タクシーでXavierの家へ。
実はずっと前に7泊で予約したアパートがあったのだが、半月前にXavierから電話がかってきて、うちを貸すから泊まれと提案されキャンセルしたのであった。

何年ぶりの再開だろう。ハグしてスペック12分の素敵なフラットに案内してもらって、その後常連となる1階のカフェへ。

Pa de Sucre
https://goo.gl/maps/dNgrETKcvQjyzfFc6

久しぶりのCafe con Lecheにこれこれ!ともう幸せ。
Xavierは久しぶりなのに久しぶりじゃない感じ。彼の無条件の優しさみたいなものが、家族にも伝わったと思う。

ちょっと歩こうかと近所をブラブラと。すぐ近くには世界遺産のカサ・ヴィセンスがあり、そこを曲がるともうグラシアへと続く通りへ。道路のちかくにクラシックな水飲み場というか水道があって面白い。

リベルタド市場を見に行ったけど、商店の殆どが夏のバケーションで閉まっているのがいかにもスペインらしいと言うか。
https://goo.gl/maps/WDMMcUZqT6xP1ndo8

その後フラットに戻ってきて、Xavierと夕食の約束をして、ゆりかと花は寝につく。
自分とハルはスーパーを求めて、その後たくさん行くことになる、Consumへ。
https://goo.gl/maps/jQLb3xJNzviemGJ2A

ローカルの買い物が幸せすぎる。
生ハム、ソーセージ、パン、スイカ、いろいろ買って帰途につく。
戻ったらハルは寝てしまった。夕食の約束はスペイン時間なので20:00過ぎ。

散歩でもするかと先ほどと同じルートをたどってみて、Bar Placidiaへ
https://goo.gl/maps/J5rovodNPDavhZDUA

これがローカルすぎてもう超絶幸せ。スペインにきた目的は初日に達成か、という満足感があった。
その後うっかり30分だけ寝てしまい、約束時間前に起きて、子どもたちを背負ってレストランへ。しかしこのレストランでハルと花は完全ダウン。それでもXavierとゆりかと、美味しいディナーを味わった。

Pepa Tomate
https://goo.gl/maps/WQ3xsaAZbbWbJdnz5

そんなこんなで怒涛の初日が終わった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です