滑って温泉、また滑る。それが東北スノートリップ

東北トリップに行ってきた。
今回のメインは秋田!

22:00にカッセと川崎を出発したのだけど、まあ遠い。東北道を行けども行けども日本地図で見るとかなり下。あれ、東北ってこんなに遠かったっけ?
那須塩原ですでにお疲れモード。仙台を超えたあたりで二人共ぐったりして、仮眠することに。
うっすらと空が明ける頃、再スタートをきり、盛岡ICからは下道で西へ、秋田へと入る。

なんとかリフト始発から30分後に田沢湖スキー場。これで3年連続3回目。ここでシンヤ、メグピー、ミサコちゃん、ムラさん、そして午後からは亀ちゃんとその旦那さんと合流。
リフト下、リフト脇、ちょっと斜度は少ないけれど、無垢なパウダーバーンを雄叫びをあげながらいただく。

tohoku001

tohoku002

tohoku004

tohoku005

tohoku006

あらかた食べつくしたと思ったところ、午後からのシンシンと降る雪が次々と斜面をリセットしてくれて、午後のほうが楽しいくらい。いきなり満足です。
明日も田沢湖だなー、と思いながら水沢温泉へ。
公共的なつくりだったけど、露天の水深が深いのが面白いし、お湯はもちろん最高!

お風呂で明日も田沢湖だね〜と話していると、ムラさんから「田沢湖はもういいよ」という衝撃発言。更に奥地の森吉山の麓に向うことに。

田沢湖駅前の「みちのく」で定食食べて、いざ雪の中を北上。

tohoku007

宿泊地はマタギの里の道の駅。雪はひたすら降っていた。なんだか奥地まで来たな〜という感じ。しかもここがあのマタギの里だなんて、不思議だよ。

tohoku008

Day2

寝袋から出て、コーヒーを沸かし、のんびりと出発。
阿仁スキー場というゴンドラがあるようなスキー場がこんな奥地にもあるのだけど、誰が来るのだろう・・と思ってしまうロケーション。ということでガラ空き。
隣の森吉スキー場も潰れてしまったらしいし、ここもいつかは・・・なのかなと思ってしまう。

tohoku009

tohoku010

今日もパウダー。ただ、斜度が無いのでボード的にはいまいちかな。あまりに寒くて、モチが上がらん・・・林間を滑ったり、パウダーゾーンを開拓したりして5時間券で13:00過ぎに切り上げ、阿仁合の駅の中でお昼。
すると列車がやってきた。いやー絵になるなあ〜

tohoku013

tohoku011

みんなのマルイでお買い物は滑りモードからすでに旅モードへと変更。こりゃースノートリップじゃなくてみちのくの旅だね。最高!

tohoku015

tohoku016

急遽湯治宿をとり、後生掛温泉に泊まることに。

tohoku019

お湯はそこまで好みでもなく、お風呂自体も思ったより小さめだったけど、アミューズメント的に楽しいね。そして湯治棟最高!酸ヶ湯のように自炊ですよ。

tohoku038

tohoku017

それにしても部屋が地熱でサウナのように熱く、寝苦しくて起きること数回。下からの熱を遮断するためにキャンプマットを引いて、窓を開けはなって寝た。

Day3
朝起きると、久しぶりの晴れ!

tohoku021

今日のスキー場、秋田八幡平はこんなコースなので↓

akihachi

実は期待していないのだが、リフト始発を目指して走ってしまうのは習性か?

tohoku023

でも心配はまったくいらないようで。
スキー場はガラーン。あれ、リフト動いていますけど、車は3、4台・・・大丈夫だろうか。

tohoku024

朝はマイナス8℃、圧雪してあるが雪は非常に良い。圧雪バーンも気持ち良いし、ゲレンデ脇の森も雪がサラッサラ。きもちええ・・・ここも5時間券で13:30まで楽しみました。

tohoku025

tohoku026

tohoku027

東北道で南下して、秋田から盛岡は北上へ。今宵はメグ家に泊まって大宴会。
酔って悪ノリしました。

Day 4

網張温泉に行こうと最初は思っていたのだけど、2時間の北上は厳しいなあ・・・宮城に南下しようと考えていた矢先、ムラさんが鉛温泉に行くという案をだし、みんなで乗っかることに。
花巻市の鉛温泉スキー場は、メグ家から30分。なのにメグピー行ったことないって・・・なるほど。市営のスキー場。雪はあまりないらしく、ヤブとかちょっと出ている。

それにしても、安い!14:00までの午前券が1,500円。そして朝一はまさしく無人。
リフトはロマンスが2つだけど、意外とコース取りが良くって、気持よく滑れた。なんせ、独占貸切だし、こんなの初体験。
沢山の降雪があった翌日とか、じつはやばいのでは。

tohoku039

昼過ぎまで滑って、大沢温泉へ。
ここも湯治部がある古い温泉。川沿いの露天風呂がかなり気持ち良い。お湯は透明だが、すべすべと肌にまとわりつき、好みの湯だ。
10円コンロや自炊用の充実した売店もステキ。いつか泊まりにきたいなあ〜。

tohoku030

15:00には花巻I.C.に乗り、まるで目指す頂きに立った後の下山道のように、脇目もふらず南下する。

21:30には川崎に我が家着。行きは遠いけど、帰りはなんだか近い東北。
素晴らしき仲間との、素晴らしい旅だった。また行こう。

tohoku028

おまけ、岩手のPAで見かけたポスター。

“滑って温泉、また滑る。それが東北スノートリップ” への3件の返信

  1. シンヤさんからブログきいて、たどり着いて、カッセのみかんたべながら読んでたら、
    衝撃の動画に、みかん吹き出して笑いころげてしまった。
    最後の写真ナイス!

  2. シンヤの顔が、、寝てる時と起きてるとき、ホント同じで笑えた!
    なんかこれ読んだだけですっごい楽しい旅した気分だよ笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です