2004/5/10

定期的にこれを書いていこう、なーんて思っていたのに気がついたら一ヶ月もたってしまった。日記を書こう!なんて決心すると大抵3日くらいでやめてしまって、週記になって月記になってしまいには終わっていってしまう、そんな性格だから仕方ないか。
GWが終わったら、田んぼに稲が植えられた。この辺りはおそらく兼業農家が多いから、みんなお休みに田畑をいじるのね。
相変わらずカエルはゲコゲコ大合唱。そんで夜、田んぼに近寄ってみると見事にその部分だけ声が聞こえなくなる。あいつら夜目が利くんだろうか?
富士山の雪が半端じゃない解け方をしている。早い。今日は山頂からスノーボードで滑降しようと思っていたのにあいにくのジャージャ..... Read the rest

2004/4/13

首都圏を離れて一週間。今、僕は静岡県の富士山の西にある町で暮らしている。
町といってもここはかなり外れのほうなので、僕が住んでいるところは村と呼んでも過言ではないと思う。
旅をするように、普段の生活が送れたら最高なのになあと常々思う。そういう意味では、今現在の暮らしは旅だ。いつまで続くかわからないけど。
生まれて初めて、日本の田舎に居住している。それはまるで、田舎のばーちゃんの家にずっと遊びに来ているような感覚だ。正直かなり楽しい。毎日が発見の連続だ。だから僕は今の暮らしは旅だと思うのだ。
海外を旅しているときに味わった凝縮された面白さ、みたいなものをこの日本の暮らしで普通に発見できるなんて。なんか胸..... Read the rest

2004/3/22

旅から帰ってきて早2ヶ月。今ではすっかり日本に馴染んでいる。旅の間ずっと感じていた→「人間って苦しいこととか辛いことって順応するのが遅いけど、快適にはすぐに順応できちゃうんだろうなあ」って。たとえば水シャワーとか、虫のいる汚いベッドとか、そんな生活に慣れるのに一週間かかったとしても、お湯のシャワーやきれいなトイレには一発で馴染んじゃうってこと。
一発とはいかなかったけど、日本食も快適な布団も毎日のお風呂も、今や感動もない普通のこと。なーんかそれって残念だ。
今までずっと旅をして、最近は一年半の旅に出ていて、もうこれで終わりかなとも思っていたけど、やっぱり僕は旅が好きだ。旅をする感覚で日々暮らしてい..... Read the rest